日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「スコアが必ずアップする」12 のポイント Lesson 5 バランスボールを使って「手打ち」を直す

背中でクラブを動かしていれば、クラブを右に動かせばバランスボールは左に、クラブを左に動かせばバランスボールは右に動くはず

誰でも一度は、「手打ちじゃなくて、体全体のエネルギーでスイングしなければ」と言われたことがあるのではないでしょうか。手打ちの人は、どうしてもクラブを手で持つという感覚が抜け切らないのです。必要なのは、クラブは背中で持つという感覚です。

それと手打ちの人は、手でクラブを動かしてしまうので、スイング中に体の芯とか体幹部が動きにくくなっています。成人男性の腕は4~5㎏もありますから、それにクラブの重さを加えるとすると、手の力だけではコントロールできません。やはり、手打ちは直した方が良いのです。

では、手打ちを直すにはどうしたら良いのでしょうか。最適なのはバランスボールを使った練習です。バランスボールの上に仰向けに乗って、クラブを持ってバックスイングからダウンスイング、そしてフォローへという動作をゆっくり続けてみてください。注意点としては、常にクラブは体の正面に置いたまま、背中でクラブを動かすようにします。このときバランスボールが左右に動かない人は、手でクラブを動かしている証拠です。手はできるだけ動かさずに、背中でバランスボールを左右に転がすようにしましょう。

バランスボールがないときは、壁に背中をつけた状態で、クラブを左右に動かすのも良い練習になります。もちろん、このときも背中でクラブを動かすのがポイントです。

こうした練習を毎日繰り返していると、いやでもクラブを背中や腰で持つようになりますし、自然に顎が引けて、戦う良い姿勢が身に付きます。手打ちを直し、スイングの軸をつくるためにも、今回紹介したレッスンは非常に効果的です。ぜひ試してスコアアップにつなげてください。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

なかなか安定して100を切れない、そんな悩みを持つ人にはよく「左足一本でフィニッシュを取って、静止してみてください」と、アドバイスをすることがあります。実際にやってみ…

前の記事

江連忠

林に打ち込んで大叩き、そんな経験は誰でも少なからずあると思います。しかも、無理やりグリーンを狙ったのならともかく、確実に出そうとしたのに、狙ったところにボールが行か…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…