日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 世代を超え大規模交流 飲んで食べてにぎわい創出

相馬商工会議所(福島県)は11月15日、相馬の新しい仲間、店、食との出会いを提供する「飲みも遊びも『そうま de ないと!』」を初開催した。焼肉店や居酒屋、バーなど、市内11の参加店で実施。20歳以上の男女137人が集まり、指定された3店を巡ってトークや料理を楽しんだ。参加店からも、「盛り上がった」と喜びの声が寄せられている。

同イベントは同所が震災復興支援と中心市街地活性化を目的に行っているもの。同所は、「世代間の交流ができた」と話している。

次の記事

三重県 松阪商工会議所

松阪商工会議所(三重県)は11月25日、松阪市内で女性会の設立総会を開催した。初代会長には発起人代表の中村久仁子氏が選出され、総会員数は県内最大の119人となった。会の冒頭…

前の記事

京都府 京都商工会議所

京都商工会議所などは11月10日、東京の日本橋三井ホールで「きものサミットIN東京」を開催した。平成8年から全国各地で実施されている同事業は、和装振興と和装産地の連携を図…

関連記事

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…

富山県 黒部商工会議所

黒部商工会議所(富山県)と黒部市は、毎年盛況の商工業の祭典「くろべフェア」を今年はオンラインで開催している。コロナ禍の中でも地元企業をPRしようと同所ホームページ内に…

北海道 恵庭商工会議所

恵庭商工会議所(北海道)は、恵庭市の姉妹都市ニュージーランド・ティマル市の特産品であるブラックカラント(カシス)を原料にした飲料「ブラックカラントソーダ」を開発した…