日商 Assist Biz

更新

情熱ぴーぷる 第16回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞

着物を通して「笑顔」をつくる

株式会社心結 代表取締役 越田 晴香(こしだ・はるか)

株式会社心結 代表取締役 越田 晴香(こしだ・はるか)

「着物でまち歩き」を提案 金沢の文化生かして

生まれ育った金沢で、平成22年に観光用の着物レンタル業を始めました。当時、27年の北陸新幹線開業を前に、観光客の増加を見込んでの起業でした。着物レンタル業を思い立ったのは、幼い頃から日本舞踊を習っていて着物が好きだったこともありますが、東京の機械系メーカーで営業をしていたとき、多くの女性が金沢に「和のまち」「着物が似合うまち」とのイメージを持ち、金沢や着物に憧れていると感じたことからです。その頃、京都では着物を借りてまち歩きを楽しめるサービスがありましたが、金沢にはそうしたサービスはありませんでした。和のまちのイメージがあるのに、なぜ金沢にはレンタル着物がないのだろう。需要はきっとあるはず。そう思い、創業を決意したのです。

幸い母や祖母の嫁入り時の着物がたくさんタンスに眠っていたため、当初はそれらの着物を活用。また、私は着付けができたので、お客さまの着付けも自分で対応しました。しかし着崩れしないよう着付けるには技術が要るため教室にも通い、大勢のお客さまに接する中で試行錯誤を繰り返しながら技術を磨きました。創業後5年間は、そうして手探りしながらスキルや知名度の向上につとめ、その甲斐あって北陸新幹線開業後は関東からのお客さまの倍増にもスムーズに対応し、基盤を固めました。

笑顔が生まれる事業へ

現在、当社は着物レンタルから着付け、ヘアセット・メイク、店内・観光地での写真撮影、香道・琴などの和文化体験やタクシー観光まで一括して対応しています。昨年は、「大正ロマンヘア」にアンティーク着物で美術館やカフェを巡るまち歩きプラン、お宮参りプランなどを開発しました。次は、石川県のマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」や料亭とのコラボレーション、加賀友禅作家との新たな着物の開発などを検討中です。

着物を着ると女性は自然に笑顔になり、地元の人とのコミュニケーションも生まれます。私は、着物を通してお客さまはもちろんスタッフ、着物を作る人、地元石川県民も笑顔にしたい。地元には、着付けの技術や資格を持っていても眠らせている人や、出産を機にやめてしまった美容師が多くいます。そうした女性たちに声を掛け、スタッフを確保してきました。カメラマンもスタジオを持たないと仕事がなかったため、観光地で撮影する仕事をつくり、パートナー契約を結んで依頼しています。また、加賀友禅や能登上布といった石川県の伝統工芸作家とオリジナルの着物の開発も行っています。

30着の着物で始めた事業ですが、現在は100着に増え、背の高い外国人にも対応できるようになりました。客数の増加とともに従業員も増加。子育て中のママ、子育ての終わった女性などさまざまなライフステージの女性がスキルを生かして働いており、笑顔の絶えない場を創ってきました。これからも皆がイキイキと働けるよう、日々改善して進んでいきます。

会社データ

社名:株式会社心結(ここゆい)

所在地:石川県金沢市本町1-3-39

電話:076-221-7799

創業:平成22年

事業概要:着物レンタル、美容(ヘアセット・メイク)、撮影、和文化体験

HP:https://www.kokoyui.com

※月刊石垣2018年5月号に掲載された記事です。

次の記事

情熱ぴーぷる 第16回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞

一般社団法人 地域サポートネットワークとっとり

私は現在、鳥取市内で認可保育園2園と、カルチャー教室やカフェを併設した子育て支援センター、農業体験などを行う自然体験型の保育施設を運営して...

前の記事

情熱ぴーぷる 第16回女性起業家大賞・スタートアップ部門奨励賞

株式会社CPI

10歳の頃から実業家になるのが私の夢でした。家族が事業をしている影響もあり、その思いを抱いて24歳で建築設備設計の会社を起業。しかし、不況の...

関連記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞 無料会員限定

株式会社Temari

私自身、高校生のころからビジネス系に興味を持っていました。高校は附属大学のある女子校で、学ぶこと自体は好きなのですが、一方向の座学が好き...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

株式会社lojus

23歳当時、IT企業に勤務していた私にはお金も時間もありませんでした。そんなときに恋人が余命1年と宣告され、支えることも一緒にいる時間もなか...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞

特定非営利活動法人アジェンダやまがた

2007年、私は「山形を元気にしたい」という思いで、山形市中心市街地活性化への貢献を目的とする任意団体として活動を開始しました。この時期に長...