日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 赤紫蘇、求肥、白あんの素敵なハーモニー 「水戸の梅」

水戸の梅 4個510円〜。写真は6個入り777円、個包装タイプは1個140円(すべて税込)

水戸の名物は黄門様と納豆、そして梅。水戸の偕楽園は日本を代表する庭園のひとつで、天保13(1842)年に徳川斉昭(なりあき)が造園。園内約13haの梅林には約3000本の梅が植えられている。春の「水戸の梅まつり」はそれはそれは華やかで、関東屈指の梅の見所になっている。梅は納豆と並ぶ代表的な水戸の名物だ。

「水戸の梅」はその名もずばり、梅の和菓子。白あんを求肥(ぎゅうひ)でくるみ、甘酸っぱい赤紫蘇(しそ)の葉で包んだもので、甘味と酸味がバランスよく交じり合った、印象的な味わいだ。厳選した白いんげんを使用した白生あんに、砂糖や水あめを加えて練り上げる。赤紫蘇は収穫後すぐに塩水に漬け込み、梅酢に3カ月間漬けて寝かせている。最後に蜜をぬって完成だ。明治29(1896)年から製造されているという、伝統が生きた菓子だ。

お茶はもちろん、コーヒーや炭酸水にもよく合う。ある集いで、こってりした肉料理のあと、デザートに「水戸の梅」を出したら白あんの上品さ、赤紫蘇の香りに全員感激。私の株を上げてくれた。

製造元「亀じるし」の創業は嘉永5(1852)年。本店の隣にはお菓子博物館があり、2階から「水戸の梅」の製造工程が見学できる。

Data

社名:亀印製菓株式会社(かめじるしせいか)

所在地:茨城県水戸市見川町2139-5

電話:029-305-2211

HP:https://www.kamejirushi.co.jp/smartphone/

※お菓子博物館はコロナ禍により当面休館

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

青森県 黒石市

なんと素敵でおいしいコーンスープ! 正確には「嶽(だけ)きみスープ」、初めて出合ったコーンスープだ。嶽きみとは岩木山南麓の嶽高原で栽培されるトウモロコシ。津軽ならでは…

前の記事

大阪府 堺市

大阪府堺市に住む親戚が、わが家にいつも土産に持ってきた餅菓子。それはそれはおいしくて、いつも母と取り合いになったのを覚えている。やわらかく、つるっとした餅(白玉)に…

関連記事

徳島県 徳島市

和三盆とは江戸時代から変わらない素材と製法、技術で手づくりされる高級砂糖で、主に四国東部で生産されている。サトウキビ100%を使った阿波和三盆糖はベタつかない口溶けの…

岡山県 新見市

トリュフ、フォアグラと並ぶ世界三大珍味のひとつキャビアはチョウザメの卵。魚卵のなかでも繊細な食味と芳醇な香り、コクをもち、“黒いダイヤモンド”と呼ばれている。ロシア産…

福島県 郡山市

「檸檬(れもん)」と書いて「れも」。しゃれたネーミングと、個包装のレモン色のパッケージは、ひと目見たら忘れられない可愛さ。その名が表すようにレモン風味のチーズタルトで…