日本の美景 日本海とオホーツク海が交差する日本最北の港

稚内港

日本最北の市である稚内は、真夏でも平均気温が20度を超える日は数日しかありません。北の玄関口とも呼ばれる稚内港は、利尻や礼文(れぶん)の島々とを船で結び、ロシアへ向かう国際航路の発着点として、国境の役割も果たしています。

市内と港を見下ろす稚内公園に立てば、透き通った空気が吹き抜け、空と海の間に白い線を描いて入港してくるフェリーや、晴れていれば樺太の島影が望めます。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

日本の美景 四国の中心に建てられたアーチ型の美しい橋

徳島県 三好市

徳島県を横断するように流れる吉野川は、昔から「暴れ川」として知られてきました。そこで治水と利水のためにつくられたのが池田ダムと池田ダム湖...

前の記事

日本の美景 季節の移ろいを知らせる津軽の二つの象徴

青森県 弘前市

弘前市から望める岩木山は、津軽人の誇りともいうべき秀峰です。その岩木山の雪が解け始めるころ、桜が散った弘前市郊外には一斉に白いリンゴの花...

関連記事

日本の美景 旧澁澤邸

青森県 上北郡六戸町

星野リゾート青森屋の敷地内にひときわ目を引く幽玄な建物があります。日本経済の父と呼ばれる澁澤榮一の私邸として使われ、多くの会合などが開か...

日本の美景 飛騨の冬と人が生み出した白く輝く巨大な氷瀑

岐阜県 高山市

標高900mにある飛騨大鍾乳洞は、日本で最も高い場所に位置する観光鍾乳洞です。長い洞窟を探検家気分で楽しめるとあって通年で人気のスポットです...

日本の美景 新たな一年を告げる光が初空に奇岩を照らし出す

北海道 根室市

北海道の最東端に位置する根室市は、離島を除き、初日の出を日本で最も早く見ることのできる地として知られています。根室半島の中ほど、太平洋に...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする