日商 Assist Biz

更新

テーマ別企業事例 コロナに負けない!商工会議所の底力

事例2 医工福連携を生かして医療現場を支援 町工場が病院の急な依頼に対応

大阪商工会議所(大阪府大阪市)

大阪商工会議所が構築した「町工場ネットワーク」に参加する製造業者7社は、加工が得意な町工場同士の顔の見える関係が威力を発揮し、大阪市内の医療機関から要請のあった医療用の感染防止具をわずか25時間で製作して納品。また、同所は商取引支援サイト「ザ・ビジネスモール」に期間限定で「BM SOSモール」をいち早く開設し、経済的な打撃を受けている中小企業の販路開拓を支援するなど、スピード感のある取り組みを行っている。

組み立てたフレーム

病院の依頼から2時間後には感染防止具の製作を開始

まだ全国的な緊急事態措置が実施中だった4月21日午前11時半、大阪市大正区にある町工場に、区内の大病院から近隣のクリニックを経由して相談が持ち掛けられた。その病院では新型コロナ感染者を受け入れるに当たり、患者搬送用ストレッチャーの頭部部分や人工呼吸器着脱時の飛沫(ひまつ)を防ぐ防護具が必要となったが、市販品はなく、困っているということだった。

緊急の相談を受けた木幡計器製作所社長の木幡巌さんは、大阪商工会議所西支部も関与する医工福(介護福祉も含む)連携プロジェクト「りびんぐラボ大正」を主宰していた。木幡さんから連絡を受けた西村鐵工所の西村和彦さんがLINEグループで町工場仲間に声を掛けると、5社が手を上げ、昼12時ごろから木幡さん、西村さんを含む7人でウェブ会議アプリ‶Zoom〟によるミーティングを始めた。

「これに使えるアルミ素材がうちにある」「うちはその切断と曲げ、穴あけをやろう」「これに合うネジは、うちと取り引きのあるボルト屋さんにあるはずだから連絡しておく」と、ものの小1時間で製作手順と役割分担が決まり、各自がすぐ動き出した。病院から連絡を受けてから2時間後のことだった。

「病院から図面が届いていたので、それを見てすぐに製作に取りかかり、その日のうちに加工まで終えたのですが、足りない部品があったのでその日のうちには完成できず、翌日午前中にみんなで集まって組み立てて、完成品2台を病院に届けました」(木幡さん)

病院に納入したのは午後0時半、依頼からわずか25時間後だった。最初の2台は無償で提供したが、その後17台の注文が入り、それを納めることになった。

「町工場ネットワーク」の連携が生む新たな事業展開

「今回参加した7社は、大阪商工会議所が構築した『町工場ネットワーク』のメンバーでもあります。そのネットワークの中で、医工福連携に取り組む木幡計器製作所さんが『りびんぐラボ大正』を始めたんです」と、同所西支部の支部事務局長・森川博雄さんは言う。西支部は大正区を含む大阪市の西部6区を担当している。

今回、製作指揮をした西村鐵工所の西村さんは言う。「今回これだけ素早く対応できたのは、町工場ネットワークという基礎があったからだと思います」

切断面の整形を担当した南歯車製作所の南仁さんは「うちは歯車しかつくれませんが、今回のことで、自分たちの会社の能力を飛び越えられた感じがします」。

組み立て場所を提供した池田鉄工所の林幸代さんは、その後、医療用フェイスシールドを開発し、販売を始めた。「試作品をLINEグループで見せて、意見をもらいながら改良していきました。うちは下請けで、開発には慣れていないので、みなさんに助けていただいてようやくという感じです」

ネジ探しに奔走した光機械工業の長嶺一輝さんも、ペダルを足で踏んでボトルからアルコール消毒薬を出す器具を開発した。「これまでは周りが何を必要としているのか分かっていませんでしたが、今回のことで、周りのニーズを知ることが一番大事だと思いました」

フレーム素材を用意した土井商店の土井隆さんは「誰かの役に立つ最終製品の開発は、従業員のモチベーションアップにもつながるので、これからどんどんやっていきたい」と意気込む。

参加した全員が、今回の経験を生かして、医工連携の中で自社の新たな展開を考え始めた。

挑戦する企業が新たな価値を生み出せる事業環境をつくる

7社による今回の連携は、たまたまうまくいったわけではない。そこには、同所による地道な下地づくりがあった。同所では2017年から、機械・金属加工業の事業者を中心とした「町工場ネットワーク」を構築し、「ものづくり加工ネットワーク強化交流会」を年に数回開催している。これにより‶互いの顔が見える〟協力工場ネットワークの拡大を目指している。

「仕事を受注した際、自社の機械で対応できないものは、対応できる機械を持つ近隣の工場と連携すれば、注文を逃すことがない。また近隣であれば運搬の時間もかからない。そういう知り合いを多くつくることで、地域の競争力を高めることが町工場ネットワークの目的です。今回、病院からの依頼があったときに、すぐに連絡を取り合って作業を始められたのは、お互いの業務や設備を熟知していたからこそです」と、同所西支部の森川さんは言う。

そのほか同所が事務局を務める商取引支援サイト「ザ・ビジネスモール」において、新型コロナ対策として緊急販路開拓支援を行う「BM SOSモール」を3月11日から開始。4月23日にはSOSモール内で、医療や介護現場で不足する医療資材のニーズと企業からの提案をマッチングする「医療・介護資材SOSマッチングサービス」を行った(5月末で終了)。

「大阪商工会議所では、苦境を乗り越え、挑戦する企業が新たな価値を生み出せる事業環境をつくりあげていきます。そして25年の大阪・関西万博に向け、そのテーマ『いのち輝く未来社会』をデザインし、大阪・関西経済の成長、発展につなげたいと考えています」(西支部・森川さん)

「BM SOSモール」のHPはこちら

会社データ

大阪商工会議所

所在地:大阪府大阪市中央区本町橋2-8

電話:06-6944-6211

HP:https://www.osaka.cci.or.jp/

※月刊石垣2020年9月号に掲載された記事です。

次の記事

テーマ別企業事例 新型コロナに打ち克つ!中小企業の突破力[ものづくり企業編]

藤恵工業株式会社/若鶴酒造株式会社/信菱電機株式会社/丸安ニット株式会社

いまだ収束が見えないコロナ禍の影響は、日本の社会や経済に予想以上のダメージを与えている。この新たな感染症による厄災は、日本全国全ての地域...

前の記事

テーマ別企業事例 緊急特集 第3弾 ウィズコロナ、アフターコロナを生き抜く! 窮状を打破するBCPを構築せよ!

西光エンジニアリング株式会社

BCP(事業存続計画)本来の意味は、企業を存続させて、雇用と顧客を守るということである。自然災害の多いわが国の場合は、BCPについて、災害から...

関連記事

テーマ別企業事例 多彩な取り組みで地方創生を進める 「徳島県モデル」に迫る!

阿波池田商工会議所

2020年に初めて、東京からの転出者が転入者を超えた。働き方改革がある程度浸透したことに加え、昨年来のコロナ禍の影響で企業のテレワーク導入な...

テーマ別企業事例 地域の力を結集してコロナなんかで倒れない! 稼げる農商工連携で逆境を乗り切る

小野食品株式会社/株式会社森本研究所/株式会社ヤマミ醸造/株式会社マルヤナギ小倉屋

長引くコロナ禍の影響により、事業継続や雇用維持などの面で極めて厳しい経営環境に置かれている中小企業が増えている。今こそ、自社が培ってきた...

テーマ別企業事例 逆境に強くなる! 着眼点と技術力で業績を伸ばす

有限会社TGテクニカ/有限会社北陸ベンディング/富士高砂酒造株式会社/株式会社タテイシ広美社

コロナ禍という未曽有の逆境に必死に耐えている中小企業は多い。しかし、このピンチに対して耐えるだけではなく、チャンスに変えようと奮闘してい...