日商 Assist Biz

更新

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 “フォーチュンの夢”を達成した中国

北京中心部には「フォーチュン・グローバル500」にランクインする企業の本社が立ち並ぶ

米国の経済誌『フォーチュン』が毎年発表するグローバル企業の売上高500社ランキング「フォーチュン・グローバル500」の2020年版の国・地域別ランクイン企業数で中国が初めて、米国を抜いてトップに立った。中国が124社、米国が121社だ。「米中冷戦」が激化する中で、中国の意気はさぞ上がったことだろう。3位は日本53社、4位はフランス31社、5位がドイツ27社、6位が英国、韓国、オランダで各10社、9位が台湾とスペインでともに9社、その後にインドが7社で続く。

グラフは1995年から2020年までの日本、米国、中国のランクイン企業数の推移である。奇しくも1995年は日米がともに148社で首位に並んだ。円が対ドルで最高値を付けた年であり、円高の影響は大きいが、その後の日本企業のランキングの低下には「日本産業界の落日」を感じざるを得ない。米国も2002年の196社をピークにランクインする企業数は減り続けており、トランプ大統領が「産業の国内回帰」を盛んに主張する背景がみえる。

中国の躍進は言うまでもない。ランクイン企業が2桁に乗ったのは01年だが、そこから一気に駆け上り、12年に日本を抜き、遂に今年、米国も抜いた。北京に駐在していた90年代末、中国の大手企業トップにインタビューすると決まって口にしたのが「フォーチュン500社ランキングに入る世界的な企業になりたい」という決意だった。今や世界最大のパソコンメーカーとなったレノボの楊元慶CEO、白物家電世界トップのハイアールの張瑞敏CEOも同じように語った。中国企業にとって「フォーチュン500社」は夢であり、そこに向かって疾走してきた四半世紀だっただろう。中国の夢は実現した。

だが、その結果、米国の対中警戒心を高め、妬みを招き、中国バッシングに向かわせた。今年のランキングで中国はトップ10のうち2、3、4位を占めたが、振り返ると1995年のトップ10は1~4位が日本の総合商社だった。日本は米国の「虎の尾」を踏み、貿易摩擦はもちろん知的財産紛争など日本バッシングを招いた。日本と中国が対米関係で同じ轍(てつ)を踏むとは限らないが、「出る国は米国に打たれる」という原理を中国は意識すべきかもしれない。

一方、東南アジアの企業は4社しか入っていない。それも国営エネルギー会社などで、グローバル市場で成功する民間企業は少ない。東南アジアの民間企業にも「フォーチュンの夢」が必要だ。

後藤 康浩(ごとう・やすひろ) 亜細亜大学 都市創造学部教授 早稲田大学政経学部卒、豪ボンド大学MBA取得。1984年日本経済新聞社入社、国際部、産業部のほかバーレーン、ロンドン、北京などに駐在。編集委員、論説委員、アジア部長などを歴任した。2016年4月から現職。アジアの産業、マクロ経済やモノづくり、エネルギー問題などが専門

次の記事

後藤康浩

新型コロナウイルスの感染予防で、紙幣や硬貨にできるだけ触れたくないという人が増え、先進国では最も遅れていた日本のキャッシュレス化がようやく加速してきた。NTTドコモの…

前の記事

後藤康浩

香港のことを考えると誰しも感傷的になる。香港は世界でも比肩するもののない特別なまちだからだ。旅行、出張、留学、就職、トランジットなど目的は違っていても、香港の空港(…

関連記事

後藤康浩

アジアの新型コロナウイルス感染はピークを越えた。第二波、第三波の感染拡大のリスクはあるにせよ、平時に向かっているのは間違いない。だが、別の深刻な問題が日本企業に迫っ…

後藤康浩

中国には山査子(さんざし)を串に4~5個刺して、飴(あめ)で固めた「糖葫芦(タンフールー)」という素朴な駄菓子がある。冬の北京や中国・東北部の街中で見かける庶民の味。個人…

後藤康浩

この連載で新型コロナウイルス感染症に最初に触れた(3月号)当初は、中国とりわけ武漢が最大の懸念だったが、今や感染者数、死亡者数などで上位に並ぶのは米国、イタリア、ス…