日商 Assist Biz

更新

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 〝タピる〟若者が示すアジアのトレンドづくり

沖縄・那覇市に進出した台湾のタピオカ・ドリンク専門店

台湾、中国本土は当然として、ベトナム、タイ、韓国、そして日本でもタピオカ・ドリンクが大ブームになっている。日本ではタピオカ・ドリンクを飲むことを“タピる”と呼び始めている。タピオカ・ミルクティーの元祖、台湾の春水堂は2013年に日本に進出し、東京、横浜、大阪、さらに札幌、福岡、広島など地方都市にも展開。系列のテイクアウト専門店「TP Tea」は日本で250店に上る。春水堂、貢茶(ゴンチャ)などはアジア全域に急速に展開している。タピオカ・ドリンクがアジアで人気を集めるのはなぜか? 斬新な食感、スイーツ・ブームの進化など、さまざまな理由が考えられるが、隠れた理由はアジア域内の人の流動性の高まりだろう。春水堂は台中で創業し、台北など台湾各地に広がり、追いかけるように五十嵐(ウーシーラン)などテイクアウト・チェーンも急速に普及した。

台湾を旅行した若い日本人女性がタピオカにはまり、話題をつくったことで春水堂が日本に進出。日本に旅行に来たタイ、シンガポール、マレーシアなどの若い女性が話題にしたことで、もともと身近だったタピオカが再評価され、ドリンクとして広がった。最近はベトナムのハノイ、ホーチミンでも貢茶などのチェーン店に行列ができており、旅行に来た日本人、韓国人の若者が、そこでもタピオカを飲む。アジアのどこに行ってもタピオカに巡り合えることで、1カ所で起きたブームが他の場所でも起き、そこに出かけた人がブームを持ち帰るという“循環型ブーム”が広がっているように見える。

タピオカの特徴は、各国でなじみのある飲料に簡単に添加できることだ。ミルクティー、ウーロン茶から始まり、抹茶、オレンジジュースなどもタピオカ・ドリンクになった。最近は、チーズ入りタピオカ・ミルクティーも人気だ。各国でアレンジが利く柔軟性、汎用性がアジア全域に広がる大きな理由にもなった。考えれば、おすしも日本人の想像を超えた「変わりずし」が世界各国で編み出され、定着することで世界に広がり、今や12万軒以上のおすし屋さんが世界中で営業している。

タピオカは、高温多湿のアジアの共通の人気飲料として、定着するだろう。アジアのビジネスを考えるとき、各国で固有のアレンジができる点と旅行者がブームを循環させるという二つの要素は重要だ。商品の新鮮さが維持され、魅力が相乗的に高まっていくからだ。次の「タピオカ」は何か? それを見つけるには、まずはアジア各国に旅して、“タピって”みることだ。

後藤 康浩(ごとう・やすひろ) 亜細亜大学 都市創造学部教授 早稲田大学政経学部卒、豪ボンド大学MBA取得。1984年日本経済新聞社入社、国際部、産業部のほかバーレーン、ロンドン、北京などに駐在。編集委員、論説委員、アジア部長などを歴任した。2016年4月から現職。アジアの産業、マクロ経済やモノづくり、エネルギー問題などが専門

次の記事

後藤康浩

日本で開催されたラグビー・ワールドカップは日本の決勝トーナメント進出などもあって、予想以上の盛り上がりを見せた。注目すべきは、海外から日本に向けられる視線の変化であ…

前の記事

後藤康浩

日本や米欧など先進国では、リアル店舗の書店(リアル書店)が厳しい逆風にさらされている。言うまでもなく、米アマゾンをはじめとするネットでの書籍販売が急成長しているから…

関連記事

後藤康浩

米国の経済誌『フォーチュン』が毎年発表するグローバル企業の売上高500社ランキング「フォーチュン・グローバル500」の2020年版の国・地域別ランクイン企業数で中国が初めて、…

後藤康浩

香港のことを考えると誰しも感傷的になる。香港は世界でも比肩するもののない特別なまちだからだ。旅行、出張、留学、就職、トランジットなど目的は違っていても、香港の空港(…

後藤康浩

アジアの新型コロナウイルス感染はピークを越えた。第二波、第三波の感染拡大のリスクはあるにせよ、平時に向かっているのは間違いない。だが、別の深刻な問題が日本企業に迫っ…