日商 Assist Biz

更新

渋沢栄一の軌跡 第7回 奈良ホテル

交通 JR奈良駅から車で8分 [写真提供]奈良ホテル

人の思いに守り継がれた古都・奈良の名ホテル

日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は、教育や公益事業などの社会貢献活動にも精力的に取り組んでいました。その一つに、聖徳太子1300年御忌法要の準備会として発足した聖徳太子一千三百年御忌奉賛会の副会長への就任があります。当時の法隆寺は廃仏毀釈(きしゃく)の影響で衰退していましたが、栄一をはじめとする官民の支援により法要は大盛況に終わったといいます。

この奉賛会の理事会に出席した際に、栄一が宿泊したのが奈良ホテルでした。奈良ホテル本館は、寺社の多い奈良の風景に調和する和洋折衷建築となっており、現在も国賓や皇族を迎える「関西の迎賓館」として愛されて続けています。

次の記事

渋沢栄一の軌跡 第8回 旧東洋紡績株式会社 富田工場原綿倉庫

三重県 四日市商工会議所

外国綿糸の大量輸入により国産綿糸の生産が圧迫されていたことを憂慮していた渋沢栄一は、紡績産業を発展させるため、大阪紡績の設立に尽力しまし...

前の記事

渋沢栄一の軌跡 第6回 内山峡

長野県

内山峡(うちやまきょう)は千曲川の支流滑津(なめづ)川によって形成された渓谷で、迫力ある無数の奇岩が見られることから、「信州耶馬渓」と呼ばれ...

関連記事

渋沢栄一の軌跡 第15回 深谷駅 無料会員限定

埼玉県 深谷商工会議所

深谷駅は、東京駅の赤レンガ駅舎とよく似ていることで知られています。これは東京駅駅舎に深谷産のレンガが使われていることにちなみ、「レンガの...

渋沢栄一の軌跡 第14回 天満橋

大阪府 大阪商工会議所

パリ万博で鉄道の重要性を知った渋沢栄一は、紡績業などの発展が目覚ましい大阪において、大阪・京都間にすでに敷かれていた淀川右岸の官営鉄道(...

渋沢栄一の軌跡 第13回 音無親水公園

東京都 東京商工会議所北支部

渋沢栄一は61歳のとき、東京都北区の飛鳥山に居を構え、亡くなるまで飛鳥山邸を拠点として活動していました。ここに国内外の賓客を招き重要な会議...