日商 Assist Biz

更新

渋沢栄一の軌跡 第7回 奈良ホテル

交通 JR奈良駅から車で8分 [写真提供]奈良ホテル

人の思いに守り継がれた古都・奈良の名ホテル

日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は、教育や公益事業などの社会貢献活動にも精力的に取り組んでいました。その一つに、聖徳太子1300年御忌法要の準備会として発足した聖徳太子一千三百年御忌奉賛会の副会長への就任があります。当時の法隆寺は廃仏毀釈(きしゃく)の影響で衰退していましたが、栄一をはじめとする官民の支援により法要は大盛況に終わったといいます。

この奉賛会の理事会に出席した際に、栄一が宿泊したのが奈良ホテルでした。奈良ホテル本館は、寺社の多い奈良の風景に調和する和洋折衷建築となっており、現在も国賓や皇族を迎える「関西の迎賓館」として愛されて続けています。

次の記事

三重県 四日市商工会議所

外国綿糸の大量輸入により国産綿糸の生産が圧迫されていたことを憂慮していた渋沢栄一は、紡績産業を発展させるため、大阪紡績の設立に尽力しました。やがて大阪紡績は同じく栄…

前の記事

長野県

内山峡(うちやまきょう)は千曲川の支流滑津(なめづ)川によって形成された渓谷で、迫力ある無数の奇岩が見られることから、「信州耶馬渓」と呼ばれて親しまれてきました。栄一は…

関連記事

宮城県

七十七銀行の前身にあたる第七十七国立銀行は、1878(明治11)年に地元・仙台に基盤を置く銀行の必要性を感じていた元仙台藩士の氏家厚時らを中心に設立されました。その際、日…

埼玉県

渋沢栄一は天保11(1840)年に、武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市血洗島)で生を受け、10代のころから家業である養蚕や藍玉の製造販売を手伝って、藍の販売や原料の仕…

京都府

江戸で蘭学を学び、米国でさらに見聞を広めた新島襄(じょう)は、日本における教育の必要性を強く訴え、私学同志社の設立への協力を呼び掛けていました。新島を支援する会合に出…