渋沢栄一の軌跡 第6回 内山峡

コスモス街道から屏風岩を望む 交通 JR小海線中込駅からバスで15分

栄一の「第二の故郷」佐久の巨岩が連なる景勝地

内山峡(うちやまきょう)は千曲川の支流滑津(なめづ)川によって形成された渓谷で、迫力ある無数の奇岩が見られることから、「信州耶馬渓」と呼ばれて親しまれてきました。栄一は、家業の藍玉を売るため信州を旅した際にこの地で漢詩を詠み、19歳のときに従兄(いとこ)の尾高惇忠(じゅんちゅう)と合作した『巡信紀詩』に納めています。青空を衝き、白雲をも穿(うが)つ気持ちで突き進む、という思いを表したこの詩は、栄一の生涯を描く2021年NHK大河ドラマ『青天を衝け』のタイトルの元にもなっています。

秋には内山峡を通るコスモス街道と呼ばれる国道254号線沿いのコスモスが見ごろを迎え、花の向こうに奇岩がそびえる美しくも力強い景色を楽しめます。

次の記事

渋沢栄一の軌跡 第7回 奈良ホテル

奈良県

日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は、教育や公益事業などの社会貢献活動にも精力的に取り組んでいました。その一つに、聖徳太子1300年御忌法要...

前の記事

渋沢栄一の軌跡 第5回 浮月楼

静岡県

料亭・浮月楼(ふげつろう)は、かつて徳川幕府の代官屋敷があり、15代将軍徳川慶喜が大政奉還の後に20年間過ごした地に建てられた、静岡市の〝迎賓...

関連記事

渋沢栄一の軌跡 第19回 常磐興産 無料会員限定

福島県 いわき商工会議所

明治初期、東京近郊から燃料を調達する必要性が高まり、本州最大の埋蔵量を誇る磐城の石炭を採掘するために、栄一らが1884(明治17)年に設立した...

渋沢栄一の軌跡 第18回 鮒屋旅館

愛媛県 松山商工会議所

栄一は古希を迎え、実業界を引退表明した後も、民間外交や教育・福祉・医療の充実を目指して精力的に日本各地を巡りました。1915(大正4)年に松山...

渋沢栄一の軌跡 第17回 「青天を衝け」 大河ドラマ館

東京都/埼玉県

近代日本経済の父・渋沢栄一の生涯を描いた、現在放送中の大河ドラマ『青天を衝け』。このドラマを通じて、栄一に興味を持ったという声が多く聞か...