日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2021年2月11日号 丁野朗

世界遺産やジオパークなどの制度には、登録あるいは認定の取り消しや再認定といった制度がある。登録あるいは認定要件を満たさなくなったものの取り消しなどを行うことは、ある意味で当然の措置ともいえる。

▼2015年にスタートした日本遺産も、今年で6年目を迎え、すでに目標の100件を超えたが、第1期認定地域である18地域から、順次、この再認定の仕組みを導入することとなった。日本遺産の認定には、文化財などを核とする地域物語の提案とともに、これらを活用する際の地域活性化計画を提出してもらうことになっている。

▼物語の優劣はもとより、その物語を活用した地域活性化のビジョン、そのビジョンを実現するための事業化のプログラム、さらには当該事業を推進するための体制などがきちんと書かれているかどうかも、認定の際の基準となっている。ストーリーが興味深く、かつ斬新で、地域や日本の魅力が十分に伝えられることは当然の前提だとしても、このストーリーを生かした地域活性化計画がきちんと実現できていなければ、再認定の保留や認定取り消しを行うことは当然のことでもある。

▼今後は運用に係る細部のツメも必要だが、第1期認定地域には、当初計画の「目標」が達成されているかどうか、取り組み内容が適切かどうかといった自己評価を含む総括評価を行い、再認定の可否を審議することとなる。同時に、再認定地域の中で特にモデルとなり得る重点支援地域などを選定し、新たな財政支援措置なども予定されている。既に当初目標に達した日本遺産だが、今後は、新規認定も視野に入れながら、いくつかの地域の入れ替えを進めるといった方向になりそうである。

(東洋大学大学院国際観光学部客員教授・丁野朗)

次の記事

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

「リモートワークが広がっている今こそ、言葉の力が大事だ」と長くメディアの世界に身を置いた団体役員は話す。組織のトップが目の前で身振り手振りを交えて発言すれば、言葉が…

前の記事

コラムニスト 宇津井輝史

コロナがそれまでのパンデミックと違うのは飛行機の有無だ。飛行機は革命をもたらした技術である。数億年をかけて羽根を生やす進化のプロセスを省略してヒトは空を飛んだ。生物…

関連記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

中国の習近平国家主席は尖閣諸島を台湾と同じく核心的利益と位置付けている。同氏は国家主席の定年制を撤廃して終身任務に就くことを可能とし、国民に「中国の夢」を語り、建国…

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

例年の春ならば、都心を忙しそうに歩く就活生の姿がめっきり減った。オンラインによる面接が一般化してきたためだろう。面接室に入って来たときのあいさつ、複数の面接官に対す…

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって開かれた1300年の歴史を持つ古…