就職・採用活動に配慮を 21年度卒業・修了予定者 内閣官房・文科省・厚労省・経産省

日本商工会議所はこのほど、内閣官房・文部科学省・厚生労働省・経済産業省より、新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた2021年度卒業・修了予定者など(以下、学生)の就職・採用活動に関して、以下のように要請された。

Ⅰ.2021年度卒業・修了予定者などについて

1.オンラインによる企業説明会や面接・試験の実施

①新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、オンラインによる企業説明会や面接・試験の実施が可能な企業は、オンラインを積極的に活用する。

②通信手段や使用ツールなど、どのような条件で実施するかを事前に明示し、学生が準備する時間を確保する。

③通信環境により、音声・映像が途切れる場合には、学生が不安にならないように対応する。

④オンラインにアクセスすることが困難な学生に対しては、対面や他の通信手段による企業説明会や面接・試験も併せて実施する。

2.対面による企業説明会や面接・試験の実施

①密集の回避、身体的距離の確保、こまめな換気を行い、いわゆる3密を避けるよう、入退場時の導線や待合室などを含めた会場の環境整備を行う。

②学生や企業側参加者などによるマスクの常時着用を徹底する。

③新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)および各地域の通知サービスを活用するように、学生へ促す。

④入場時の検温を行うとともに、発熱・咳の症状がある者の参加制限などを行う。

⑤会場内にアルコール消毒液を設置し、学生へその使用を周知するとともに、複数人が触る箇所の消毒を徹底する。また、学生へのこまめな手洗いを奨励する。

⑥飲食の機会を可能な限り制限する。やむを得ない場合には、飲食用に感染防止対策を行ったエリアを設置した上で、学生に飲食を行ってもらうようにする。

⑦待合室において学生が大声で会話することがないよう、事前に周知する。

⑧対面での企業説明会や、面接・試験開催を延期・中止する場合は、交通、宿泊への影響に鑑みて、学生に対しその旨を速やかに連絡する。

3.その他学生への配慮

学生が発熱などのやむを得ない理由により、企業説明会はもとより、面接・試験に出席できないことをもって、その後の採用選考に影響を与えることがないよう配慮する。また、その旨を積極的に情報発信する。

Ⅱ.卒業・修了後3年以内の既卒者について

①卒業・修了後少なくとも3年以内の既卒者は、新規卒業・修了予定者の採用枠に応募可能となるよう対応する。

②前述①の既卒者について、通年採用などさまざまな募集機会を設けることを積極的に検討する。

また、そうした機会を提供する場合には、その旨を積極的に情報発信する。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする