こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】 新型コロナウイルス感染症の影響によりパートを雇止めしたいが問題があるか

Q 当社は、飲食店を経営していますが、新型コロナウイルス感染症の影響で、正社員以外のパートタイマー3人については契約期間の満了時に雇止めしたいと考えています。通常であれば雇止めも容易でないと聞いていますが、感染症の影響による売り上げの著しい減少が続いていますから、雇止めも可能だろうと考えています。何か問題があるでしょうか。

A パートタイマーが雇用契約の更新を希望し、労働契約法19条に該当する場合は、雇止めについて、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められないときは、雇止めは無効になります。たとえ売り上げが著しく減少する事態が続いている場合でも雇止めは慎重な検討が必要です。例えば、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合には雇用調整助成金が給付されます。この制度の利用が可能な場合に、それを利用しないで雇止めを行った場合は、雇止めが無効とされる恐れがあります。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】電⼦署名と電⼦認証制度について

第一法規株式会社

当社は、インターネットを通じた電子取引を開始していますが、電子取引では通信の過程での「なりすまし」や「改ざん」、相手方の不当な取引否認な...

関連記事

こんなときどうする会社の法律Q&A 【今月のテーマ】ブログやSNSを活用した情報発信

第一法規株式会社

Q当社ではホームページを利用して内外の情報発信を行っていますが、コンテンツの更新やメンテナンス費用も負担になりつつあるため、ブログやSNSな...

こんなときどうする会社の法律Q&A [今月のテーマ]在宅で業務を行っていた労働者の災害

第一法規株式会社

当社では在宅勤務を採用しています。先日、在宅勤務者が自宅から近くの郵便局に仕事上の郵便物を出しに行くついでに買い物などの私的な用事を済ま...

こんなときどうする会社の法律Q&A [今月のテーマ]営業現場にタブレットを導入する際の判断基準とは

第一法規株式会社

当社では、営業担当者にノートPCを貸与しています。客先での商品説明などに使用していますが、最近、タブレットに替えられないかとの相談がありま...