観光土産品審査会 第61回 vol.5 観光庁長官賞(全部門より)

からし蓮根(1本約280グラム)1080円(税込み)

熊本県の代表的郷土料理として知られる「からし蓮根」。レンコンの穴にからしみそを詰め、衣を付けて油で揚げたもので、シャキシャキとした食感と鼻に抜けるからしみその風味が絶妙だ。今日まで昔ながらの製法でつくり続ける専門店、森からし蓮根の「からし蓮根」が、今回観光庁長官賞を受賞した。

からし蓮根は、熊本藩の賄い方だった同店の先祖、平五郎が、1632(寛永9)年に病弱だった時の藩主、細川忠利公に献上したのが始まりという。以来約390年、江戸時代の伝統製法を守り、1本1本丁寧に手づくりしている。そのまま輪切りにして本来の風味を楽しむほか、しょうゆやマヨネーズを付けて食べるのもお薦めだ。

審査会では、丁寧につくられ、伝統ある味が守られている点を評価。シンプルなパッケージデザインも「職人の味に対する自信がうかがえる」として高く評価された。

次の記事

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...

前の記事

観光土産品審査会 第61回 vol.4 国土交通大臣賞(グローバル部門)

花丸ろうそくギフト

丸い形の和ろうそくに繊細な花の絵柄が描かれた「花丸そうろく」。「デザイン性に優れ、観光客の目を引く」として、あやめ・椿・ゆりの図柄をセッ...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼ...

観光土産品審査会 第61回 vol.3 経済産業大臣賞(民工芸部門)

combinationビアタンブラー

陶器に木工品を組み合わせたユニークなビアタンブラー。経済産業大臣賞に輝いたのは、福島県郡山市で「あさか野焼」の製造販売を行うあさか野窯が...

観光土産品審査会 第61回 vol.2 農林水産大臣賞(食品部門)

朴葉みそ コンロセット

朴葉の上に、ネギなどの薬味や山菜などをからめたみそを載せて焼く飛騨の郷土料理「朴葉みそ」。これを家庭で手軽に味わえるようにと岐阜県下呂市...