若手経営者が描く10年後の東北ビジョン vol.5 三陸沿岸道路開通で人の流れに変化 地域を支えるエネルギーと車の専門店

東日本大震災からの復興の担い手となる東北各地の若手経営者の取り組みと思い描く10年後のビジョンを12回連載で紹介する

「三陸沿岸道路の開通でタテ(沿岸部南北)の経済圏ができる」とコーティングでピカピカの車を前に語る水野代表

岩手・大船渡でガソリンスタンドなどを営む水野石油代表の水野伸昭さんは、東日本大震災で自社の施設に多大な被害を受けた。しかし、諦めずに大きく事業を転換した。地域全体のことも考えながら、化石燃料からの脱却という世界的な流れや、人口減少などに対応して事業を続けている水野さん。同社の現在と今後について伺った。

復興道路が全線開通へ 遠方から客を呼び込む

水野石油は、ガソリンスタンド運営やプロ整備士による車の手入れ、灯油や軽油、プロパンガスなどの配送を行う会社だ。創業は1957年で、現在は三代目となる水野伸昭さんが代表を務める。全国の地方都市と同様に大船渡も車社会のため、地域になくてはならない存在となっている。

同社の事業のうち、車を長持ちさせるためボディコーティングなどを行う「車、キレイの専門店キラット!」には、車で1時間以上の遠方からも来店者がある。

「この店の設備は特殊で、塩害に強いコーティングを用意するなどニッチでも遠くからもお客さまが来ることをやりたい。大船渡だけの商圏では、縮小するだけです」

大船渡も甚大な被害を受けたが、国が整備を進める復興道路は全線開通が目前。このうち宮城・仙台~青森・八戸をつなぐ三陸沿岸道路を通れば、以前は2時間かかっていた大船渡~宮古が1時間で行ける。復興道路の通行は無料(一部を除く)ということも復興を後押ししている。

「以前は沿岸部から買い物に行くには、盛岡や北上など内陸へ行っていた。今はタテ(沿岸部南北)の人の流れが増えています」

水野さんは道路開通による人の流れの変化を先読みし、2019年にこの新事業を立ち上げた。人口減少が進む地域で生き残るため、高付加価値サービスを提供する。

高付加価値サービスへ事業を転換

水野さんは高校卒業後、北海道の大学へ進学し、現地の大型雑貨店へ就職。28歳のときに地元へ戻った。慣れない自動車関連の仕事を覚え、2年後から経営に関する数字も見るようになった。

当時、先代の父は給油所2店舗とガスや軽油の配送、コンビニと100円ショップも経営していたが、水野さんは数字を見てがく然とした。「とにかく何とかしなければ」という綱渡り状態だった。会社の施設や備品を見直し、従業員の生産性向上など、次々と社内の改革を行った。

少しずつ状況が改善し、手応えを感じた37歳のとき、東日本大震災が起こった。給油所2店舗のうち、海に近い地区にある大船渡給油所は津波の被害を受けた。

「給油所全体が壊滅状態。地上にある建物も石油貯蔵タンクも何もなくなって。でも、うちの地下貯蔵タンクだけは残ったんです」

地下タンク内に海水が入り込んでいたが、何度も洗浄して使えるよう修理した。そこへ業務用暖房などに使うA重油を入れ、他社にも分けて各地へ配送した。

同社のコンビニなどは高台にあり、市内に残る数少ない店となって、震災直後には地域へ物資を提供した。震災から2年後の13年、被災した給油所を、産業用燃料などの配送を行う「大船渡デリバリーセンター」として再開。同年、水野さんは代表取締役に就任した。

その後も水野さんは、若手経営者対象の経営塾などで積極的に学び、高付加価値サービスの事業を新設することを決意。コンビニを改装し、19年に車のコーティング施設をオープンする。

「被災した給油所の周辺には顧客の個人や法人がたくさんいましたが、復旧したのは一部。失われた需要は戻ってきません。売り上げは震災前が100なら、震災後の復興需要ピーク時は150以上、現在は震災前の約50。特需が終わり、人口減少だけが残りました」

今後は社名が「石油」でもサービス業のイメージに

さらに、昨年から続く新型コロナウイルスの影響も大きい。人々は移動を控え、車に乗らないからガソリンは減らない。洗車やオイル交換も頻度が減り、車関連事業の売り上げは例年の2~3割減と厳しい状況が続く。

ガスや灯油は、巣ごもり需要で一般家庭向けは微増だったものの、飲食店などが休業を余儀なくされたため、産業用の外販部門は売り上げが減少した。

今は逆風でも、水野さんは10年後を見据えて動き続ける。今後は一般家庭向けにホームクリーニング事業も始める予定だ。

「サービスという技術を持つ従業員の強みを生かして、会社の中身を変えていこうと。10年後、社名は『水野石油』でも、お客さまには車のコーティングやホームクリーニングなどサービス業のイメージを強く持ってもらいたいですね」

会社データ

社名:水野石油株式会社(みずのせきゆ)

所在地:岩手県大船渡市盛町字木町6番地19

電話:0192-27-7166

HP:https://mizuno-sekiyu.com/smarts/index/0/

代表者:水野伸昭 代表取締役

従業員:14人

【大船渡商工会議所】

※月刊石垣2021年9月号に掲載された記事です。

わがまちの10年後展望

次世代が自分で未来を決めやすく「ここに住み続けたい」と思うまちに

子どもたちが「住み続けたい」と思うまちにするのが僕らの役目。昔から続く行事などは大事ですが、強制的な継承ではなく、次世代が自分で未来を決めやすくしていきたいです。(写真は毎年8月に行われる七夕まつり)

次の記事

若手経営者が描く10年後の東北ビジョン vol.6 「笑顔の華咲く津軽のわが家」 ホテルを五所川原の観光交流拠点に パークイン五所川原エルムシティ 無料会員限定

株式会社パークイン五所川原

「わがまちを盛り上げたい」青森県五所川原市にあるホテル、パークイン五所川原の開業当時、周囲には田んぼしかなかった。父とともにホテルを立ち...

前の記事

若手経営者が描く10年後の東北ビジョン vol.4 「日本の縮図」飛島を元気に 高齢化した島で起業、若者移住へ

合同会社とびしま

東日本大震災を機に、改めてふるさとのことを考えた人は多いだろう。山形県唯一の離島、日本海に浮かぶ飛島出身の本間当さんは、震災を機に帰郷し...

関連記事

若手経営者が描く10年後の東北ビジョン vol.3

株式会社ユニフォームネット

東日本大震災の被災地の中でも、原発事故や風評被害の影響が大きい福島県は、復興への道のりが長い。福島・郡山市で創業し、現在は東京に本社を置...

若手経営者が描く10年後の東北ビジョン vol.2

新政酒造株式会社

豊かな自然に囲まれ、米どころでもある東北は、各地で美酒がつくられている。中でも「日本酒新時代の牽引(けんいん)役」と称されているのが、秋田...

若手経営者が描く10年後の東北ビジョン vol.1

濱幸水産株式会社 岩手県 釜石市

東日本大震災で大きな被害を受けた東北の三陸地域。岩手・釜石で漁業を営む濱幸水産は「水産業者がみんなでタッグを組んで、10年後には世界の最先...