セレクト地域短信 エビの陸上養殖に挑戦 発電所跡地で再エネ活用

バナメイエビの成果を発表

尾鷲商工会議所(三重県)と尾鷲市、中部電力でつくる「おわせSEAモデル協議会」はこのほど、バナメイエビの陸上養殖試験の成果を発表した。

同事業は、2019年から推進する中部電力尾鷲三田火力発電所跡地を活用して市の活性化を目指すプロジェクトの一環。尾鷲の豊かな自然と新たなエネルギーの活用による新ビジネスの創出を目指し、エビのほか、海ぶどうやすじ青のりなどの海藻類の陸上養殖も検討している。

今回のエビの養殖試験は、三重大学や三重県栽培漁業センターなどの協力を得て推進。水槽の浄化が不要で低コストのバイオフロック(微生物集合体)を用いた養殖システムを採用した。今年6月に水槽に入れた体長1センチメートル程度の稚エビ1750匹は、約4カ月で体長10センチメートル程度の出荷できるサイズにまで成長。

今後は、今年度から建設を開始する地元間伐材を活用した木質バイオマス発電設備から発生する排熱を利用し、養殖に成功したエビの商品化を目指して、尾鷲、東紀州の新たな資源として事業化を検討していくという。

詳細は、https://www.owase-seamodel.jp/を参照。

次の記事

セレクト地域短信 駅前にシウマイ像 新たな名物・名所に

栃木県 鹿沼商工会議所

鹿沼商工会議所(栃木県)と崎陽軒は9月22日、同所75周年記念事業の一環としてJR鹿沼駅前に設置した「シウマイ像」の除幕式を開催した。「シウマイ...

前の記事

セレクト地域短信 菊人形・菊花展を開催 「青天を衝け」の場面表現

徳島県 吉野川商工会議所

吉野川商工会議所(徳島県)が事務局を務める鴨島菊人形実行委員会は、「第80回鴨島大菊人形」および「第89回四国菊花品評会」を22日から11月21日...

関連記事

セレクト地域短信 食品衛生で連携協定 HACCP対応を支援

福岡県 中間商工会議所

中間商工会議所(福岡県)は10月25日、中間市、HACCP(ハサップ)ジャパン、楽天コミュニケーションズと「あんしん安全な『飲食の街』を目指す連携...

セレクト地域短信 相互で特産品一斉販売 高速道路の開通記念に

静岡県 静岡商工会議所/山梨県 甲府商工会議所

静岡商工会議所と甲府商工会議所(山梨県)はこのほど、両県の特産品を一斉に相互で販売する物産展「祝・中部横断自動車道開通記念フェア」を開催...

セレクト地域短信 北の五感体験プランのサイト開設

北海道 北海道商工会議所連合会

北海道商工会議所連合会、北海道経済連合会、北海道経済同友会、北海道観光振興機構の4団体はこのほど、コロナ禍で危機的な状況にある各団体の会員...