伝えていきたい日本の技 アイスエナジー

アトム技研(あとむぎけん) (愛知県名古屋市/名古屋商工会議所)

ハードタイプ(左)とソフトタイプ(中央、右)のアイスエナジー。コロナ禍ではワクチンの低温輸送にも活用されています(撮影:加藤正博)

今月は、機能性が高くファッショナブルな保冷剤として注目される、アイスエナジーをご紹介します。

熱中症が世界中で問題となっている昨今、衛生的で質の高い保冷剤の必要性からアトム技研は、2020年に保冷剤事業を立ち上げました。通常の保冷剤は冷凍するために特別な冷凍庫が必要ですが、原材料の配合比率を調整することで一般的な冷蔵庫で凍結し、長く低温状態を維持できる、使い勝手のよい冷却材の開発に成功しました。品質の高さを保証するにはブランド力も必要だと考え、同社はデザインにも力を入れています。ソフトタイプでは、共通パッケージに穴を開けることで温度帯を区別し、資材ロス削減とユニバーサルデザインを両立。同年にグッドデザイン賞を受賞しました。

環境にも優しい保冷剤で世界に貢献し、よりよい社会を目指して、アイスエナジーは進化を続けています。

お問い合わせ

アトム技研

TEL:052-451-7021

HP:https://www.atomgiken.co.jp/

※月刊石垣2021年10月号に掲載された記事です。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

伝えていきたい日本の技 組手のトレー、コースターと箸置き

森本建具店

今月は、香川県の伝統工芸である組手細工(くでざいく)のトレーなどテーブル雑貨をご紹介します。江戸時代、高松城下では漆器づくりや繊維業が栄え...

前の記事

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

関連記事

伝えていきたい日本の技 inoca COVER book 無料会員限定

井戸畳店

今月は、いぐさの良さを生かしてカラフルに仕立てた畳表のブックカバーをご紹介します。関西有数の観光地・南紀白浜を抱える白浜町に創業した井戸...

伝えていきたい日本の技 ボッコ靴

Kボッコ

今月は、東北や北海道で雪上作業靴として履かれてきた天然生ゴム製の長靴「ボッコ靴」をご紹介します。ボッコ靴は、大正の終わりごろから昭和の初...

伝えていきたい日本の技 2M, 38S

吉正織物工場

今月は長浜市で古くから生産されてきた浜ちりめんを用いたアパレルブランドをご紹介します。ちりめんとは、シルクを原材料とした、よりのない経糸(...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする