100歳を目指す体づくり/今日から始める“大人”健康生活 Vol.34 加齢による目の影響が肩に出る

肩のストレッチ

人間が五感を通じて受け取る情報のうち、8割は視覚からとされています。目は開けている限り、絶え間なく働き続けていますが、特に現代人はパソコンやスマートフォン画面などを見続ける機会が多く、眼精疲労やドライアイなどを起こしやすい状況にあります。また加齢とともに、近くにピントが合いにくくなったり、ピントが合うまでに時間がかかったり、白内障によってレンズが曇ってくるなどの変化が起こり、目が疲れやすくなります。

目を酷使すると、目の不調だけでなく、肩凝りを訴える人が少なくありません。これは目の筋肉と肩の筋肉の両方が、緊張状態になっていることが考えられます。例えば、パソコン作業や車の運転を長時間続けると、腕や指も使うので上肢にも力が掛かります。また、目のピントが合いにくくなると、無意識に頭の位置を動かして目のピント調節を助けようとする場合があり、頭を支える肩や首に負担が掛かって凝りやすくなります。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

100歳を目指す体づくり/今日から始める“大人”健康生活 Vol.33 毎日歩く習慣をつける

福田千晶

「ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)」をご存じですか。これは運動器に障害が生じて、歩行などの機能が低下した状態を指すものです。今現在...

関連記事

100歳を目指す体づくり/今日から始める“大人”健康生活 Vol.32 自分の歯でかむことが長生きに影響する

福田千晶

「80歳になっても自分の歯を20本保とう」と提唱する「8020運動」が開始されたのは1989年のことです。年齢とともに残っている自分の歯は少なくなり...

100歳を目指す体づくり/今日から始める“大人”健康生活 Vol.31 認知症を遠ざける生活習慣

福田千晶

「人生100年」といわれる時代になりました。長生きは喜ばしいことです。自立した生活が送れたら、さらに豊かな人生となります。生活の自立を妨げる...

100歳を目指す体づくり/今日から始める“大人”健康生活 Vol.30[最終回] 侮るとちょっと怖い症状⑪ 排尿時の痛み

福田千晶

排尿時に痛みが起こる病気で、最も一般的なのは単純膀胱炎です。尿道から膀胱に侵入した細菌が、粘膜に定着して炎症を起こすものです。症状には、...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする