日商 Assist Biz

更新

テーマ別誌上セミナー 注意していても起こる「夏の健康トラブル」解消法 夏バテ、速攻リカバリー

だるい、食欲がない、疲れが取れない……。夏が来るたびに、こんな症状に襲われてはいないだろうか。気を付けているつもりでも、ひたひたと忍び寄ってくる招かれざる客、それが夏バテだ。暑さを上手に乗り越えるために、日ごろから心掛けておきたい予防策や、不調になったときの対処法について、脱水症にくわしい谷口英喜医師に聞いた。

谷口 英喜

済生会横浜市東部病院周術期支援 センター長・栄養部長 医学博士

谷口 英喜(たにぐち・ひでき) 済生会横浜市東部病院周術期支援センター長・栄養部長 医学博士 1991年福島県立医科大学医学部卒業。横浜市立大学医学部附属病院麻酔科に入局し、同大救命救急センター集中治療室助手、神奈川県立がんセンター麻酔科医長、神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科准教授、同大実践教育センター急性期重症支援過程教授などを経て現職。麻酔・集中治療、術後回復促進、栄養管理のほか、経口補水療法、熱中症対策、脱水症・かくれ脱水などを専門とする。主な著書に『イラストでやさしく解説!「脱水症」と「経口補水液」のすべてがわかる本』(日本医療企画)ほか多数

夏バテは体が環境に順応しにくい高齢者に多い

――夏バテとはどのような状態をいいますか。

谷口 夏バテは医学的な病名ではありません。夏の暑さが原因で起こる、だるさや疲労、食欲不振、意欲の低下、睡眠不足などの不調を、夏バテと呼んでいます。

――昔と比べて、夏バテになる人が増えている気がします。

谷口 地球温暖化やエアコンの普及などが挙げられますが、一番の要因は高齢化でしょう。年齢を重ねるごとに体が環境に順応しにくくなっていくので、夏バテしやすいといえます。

――なぜ夏バテになってしまうのでしょうか。

谷口 大きな要因は、自律神経のバランスの崩れです。人間の体は暑さにさらされると、自律神経の働きで汗をかき、体を冷まして一定の体温に保とうとします。ところが、冷房の効いた環境に慣れてしまうと、体温を調節する必要がないため機能が低下し、暑い屋外に出てもうまく汗がかけなくなって不調を招くのです。また、暑さで睡眠不足が続くと、疲れが取れず食欲もなくなるので、体力が落ちて暑さに負けてしまいます。

――暑い季節に汗をかくことは大切ですね。

谷口 その通りです。そして汗をかいたら水分を補給することも不可欠。人間の体の大半は、水分と塩分(電解質)の混ざった体液からできています。汗をかくと体内の水分が不足するので、外から補ってあげないと脱水症を起こします。軽いうちに水分をとって対処しないと、汗が出なくなって体温が上昇し、やがて熱中症を招いてしまいます。

――夏場はそれなりに水分をとっているつもりですが……。

谷口 特に水分を必要とする臓器が三つあります。一つは脳で、水分が8~9割はないと機能が保てません。それより少なくなると、ぼんやりしたり、集中力が低下したり、ひどくなると頭痛やめまいが起きます。二つ目として同様に消化器も8~9割を水分が占め、不足すると食欲低下、下痢や便秘などが現れます。三つ目の筋肉は、水を溜(た)めておくタンクの役割を果たしていて、実に9割が水分なので、不足するとパフォーマンスが低下するほか、筋肉痛やこむらがえりなどを起こしやすくなります。夏バテの症状は、実は脱水が原因であることも少なくないのです。

一日1・2~1・5ℓの 水分補給が予防の第一歩

――水分をしっかりとらないといけませんね。

谷口 そうなんですが、とり過ぎもよくありません。胃液や腸液が薄まり、うまく消化吸収できなくなって、食欲が低下します。食事がとれないと、エネルギー不足を起こして体力が落ち、疲れやだるさを招くことになります。

――一日にとりたい水分の目安は。

谷口 食べ物と飲み物から半分ずつとるのが理想で、飲み物は1・2~1・5ℓを目安にとるといいでしょう。1回の摂取はコップ1杯程度にして、8回くらいに分けて飲むのがコツです。

――水分以外で気を付けたいことはありますか。

谷口 自律神経のバランスを整えることです。バランスを崩す原因の一つはエアコンなので、一日中オフィスで過ごす人はたまには屋外で暑さを感じましょう。外気の刺激が自律神経を活性化させます。

――快適な環境の方が体に負担がなくていいのかと思っていました。

谷口 逆に、夜はエアコンを上手に使いましょう。暑さのせいでよく眠れなかった朝は、自律神経がスムーズに活動モードに切り替わらず、夏バテの誘因となります。夜はぐっすり眠れる環境づくりを優先してください。

――確かに睡眠不足だと食欲もわきません。

谷口 夏場は食欲が落ちても、できるだけ食事を抜かないようにしましょう。食べ物は活動エネルギーであると同時に、水分の供給源でもあるからです。どうしても食欲がわかないときは、野菜スープや野菜ジュースを飲むだけでもかなり違います。

――野菜は夏バテ予防にいいのでしょうか。

谷口 野菜には水と電解質、さらにビタミンB群やビタミンCが豊富に含まれているので、水分補給や疲労回復につながります。この時期なら、トマトやキュウリ、ナスなどの夏野菜を積極的に取り入れてください。食欲が戻ってきたら、肉や魚などタンパク質の豊富なものをとりましょう。筋肉の水分保持能力がアップして、脱水症予防にもなります。

――筋肉をつけるという意味では運動も必要なのでしょうか。

谷口 タンパク質をとっても、筋肉を動かさないと実にならないので、ウォーキング程度の運動はしてほしいです。特に車で通勤している人は、一日1回は汗をかく程度に体を動かす機会を意識的に設けましょう。

適切に対処すれば1~2日で回復する

――実際に夏バテになってしまったときの対処法はありますか。

谷口 夏に限らないのですが、やはり規則正しい食生活を送ることが第一です。食欲がわかないときは、エアコンで部屋を涼しくし、少量ずつでも朝・昼・晩と食べて体力を回復させます。

――栄養ドリンクは効果がありますか。

谷口 体の水分が不足気味なところに栄養ドリンクを飲んでも、体全体に行き渡りません。まずは水分を補給して、体液の循環をスムーズにすることが先決です。

――ビールなどのアルコールを水分と見なしてもよいのでしょうか。

谷口 残念ながらNOです。アルコールは利尿作用があり、分解するときにも水分が使用されるため、飲んだ量以上の水分が奪われてしまい、結果的に脱水を加速させてしまいます。また、飲み過ぎは胃腸の機能が低下して消化・吸収不良を起こし、脱水を招きやすいので、適量を心掛けましょう。

――もし、めまいやふらつき、吐き気など、普段と違う症状が出た場合は?

谷口 脱水症が疑われる場合は、早急に電解質の入った水分をとってください。一般的なスポーツドリンクでもいいのですが、より吸収の早い経口補水液がおすすめです。それがアクセルとなって消化器が働き始め、食欲が出てきます。軽い脱水なら1~2日でよくなるでしょう。

――夏バテが長く続く場合はほかの病気も気になりますか。

谷口 平日に「ちょっと調子が悪いな」と感じたらまず水分をとり、週末は食べて、ゆっくりして、よく寝ること。夏バテならそれで回復します。ただ、高血圧や糖尿病、動脈硬化などの持病を抱えている人は、自律神経の働きが低下しているので、夏バテになりやすく、回復しにくいといえます。不調が何日も続くようなら、別の病気の可能性もあるので、念のため医療機関を受診しましょう。

やっておけば安心夏バテ撃退法

体にこたえる日本の夏。偏った食事、疲労、睡眠不足、運動不足、飲み過ぎなどが積み重なると、つけ込んでくるのが夏バテだ。そんな隙を与えないためにも、日ごろから心掛けておきたい予防策と、なってしまったときの回復法を紹介する。これでもう慌てることはない。監修/谷口英喜

夏バテ予防&リカバリー 1 水分補給 1日1.2~1.5ℓの水分をとろう。1回の摂取量はコップ1杯程度にし、8回くらいに分けてこまめにとるのがコツだ。

次の記事

宮沢洋一

平成30年度税制改正において、「事業承継税制」が抜本的に拡充されるとともに、「所得拡大促進税制」の拡充や「償却資産に係る固定資産税の減免特例」が創設された。特に「事業…

前の記事

村田光俊

越境ECの最大のメリットは、現地の代理店や小売店を介さないので、地方の企業でも比較的安価に海外展開できることだ。しかし、安易に手を出すとトラブルや赤字を出してしまうこ…

関連記事

前野隆司

コロナ禍によって、日本の働き方改革が一気に進み出した。しかし、テレワークを導入するだけでは、会社の業績は上がらない。“ウィズコロナ、アフターコロナ”を見据えた働き方改…

『商業界』元編集長 笹井清範

過剰な情報はしばしば混乱を招き、行動の優先順位を狂わせる。新型コロナウイルス災禍の今日、経営者が優先すべきは「大切なもの」の再確認と、それらを守るための「経営資源」…

真壁昭夫/崔真淑/原田曜平/河合雅司

今号で本誌は創刊40周年を迎える。本誌が創刊した1980(昭和55)年から今日まで日本経済を支える中小企業が歩んできた道のりは決して平坦ではなかったが、その度に乗り越え、時…