日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「スコアが必ずアップする」12のポイント Lesson8 脱・スライス地獄のための 「バケツ・シャドースイング」

ボールを左に置いて、それに正対するとスライスが出やすい

誰もが一度は経験するミスが「スライス」と「フック」です。スライスは利き手の方向に、フックは逆方向に大きくカーブしてボールが飛んでいくミスです。初心者の多くがぶち当たる壁がスライス地獄です。真っ直ぐにスイングしているつもりでも、ボールが大きくスライスしてしまうのです。

基本的にスライサーの人は、間違いなく体の開きが早すぎます。体が開けばクラブは外から下りてきますし、フェースが開いてしまいます。だから、スライスが出やすいのです。それを嫌がって、インパクトのときに意識的に手首を返そうとすると、引っかけも出て今度はフックにつながります。

体の開きが早くなる原因は、まず構えにあります。多くのアマチュアゴルファーは、ボールを左に置いて、そこに正対して構えがちです。それだと右サイドが前に出て、右腕が長い構えになり、体が開かないとボールに届かなくなります。それと上体の力みすぎも問題です。クラブを強く握って、上体の力で振ろうとするので、上体が開いてくるのです。

ここでは体の開きを直すレッスンをご紹介します。まず、テニスのラケットを使った練習です。投げてもらったボールを、左足を踏み込みながら右手1本で打ってみてください。ちゃんとラケットで捉えられた場合、体は開かずに左足1本で立っているはずです。そのスイングをしていれば、自然に体の開きが抑えられます。

それと重いもの、例えば水が半分くらい入ったバケツを持ってシャドースイングするのもいいでしょう。体の開きが早いと体にストレスがかかるし、バケツの水もこぼれてしまいます。

水がこぼれないようなスイングを身につければ、スライス地獄から抜け出る日も近いでしょう。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。またアマチュアの指導にも力を注いでいる。

次の記事

江連忠

「もっとバランスよく」と言われたことはありませんか。これは、レッスンの言葉だとは思いません。確かに、リズム、バランス、タイミングはスイングの大切な3要素です。しかし…

前の記事

江連忠

「トップからダウンへの切り返しのタイミングが悪いみたいで、ボールが安定しない」。そんな声を耳にしたとき、そこに気付いたのはよいことだと答えています。トップからダウン…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…