日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 新連載 中級編 「理想のスイング」12のポイント Lesson1 飛距離を伸ばすためには 強く振らずに 強く当てる意識を

大きいボールだと無理に当てようとしないので自然に上体の力が抜けて、重いボールを打つことにより、体幹部の力を使う感覚が身に付く

この連載も4シーズン目に入ります。この1年は、中級者を主な対象にして、さらなる上を目指すための理想のスイングづくりを解説していきたいと思います。

長年ゴルフをやっていると、飛距離が落ちて、何とかしようと強く振ってもうまくいかず、ゴルフ自体がつまらなくなってしまう、そんなことはないでしょうか。原因は「強く振っているから」と言ったら、驚かれるかもしれません。アマチュアゴルファーの場合、強く振ろうとすると、力いっぱいに振ってしまいがちです。すると、上体とグリップに力が入り、ミート率も落ちて、ヘッドも走らず、逆に飛距離が落ちるというわけです。もちろん、プロの場合も強く振ることはあります。例えば、低く抑えたボールでラインを出したいときとか、深いラフから脱出したいときがそうです。しかし、力いっぱい振るわけでもないし、力を入れてクラブを握ることもありません。深いラフなどでは少し強く持つかもしれませんが、芝に当たり負けしない程度の強さですし、力は自然に入るものなのです。

飛距離を伸ばすには、「強く振る」より、上体に力を入れず「強く当てる」というイメージが大事です。そのためには、まず体幹部を使ったスイングが必要です。そこでお勧めなのが、ソフトボールのような大きいボールを打つ練習です。

また、ヘッドスピードを上げたい場合には、速く振る感じもつかんだ方がいいでしょう。イラストのようにクラブを逆に持って、できるだけ速くスイングするのです。人間の筋肉は、ゆっくり動かしてばかりだと速く動けなくなってしまいます。ですから、たまには速く動かす練習も必要なのです。

体幹部を使えるようになり、速く振る感じがつかめたら、飛距離は再び伸びるはずです。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 1968年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。1993年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

長くゴルフをやっている中でそのうちにリズムが悪くなって、スイング中に苦しさを感じることはありませんか。それは、体の「ねじれ」を意識するあまり、下半身を止めて上半身を…

前の記事

江連忠

「リタイアしたら女房と一緒にゴルフを楽しみたい」。そう思っている人も多いのではないでしょうか。仕事関係者とばかり回っていると、リタイア後はラウンドする機会も減ってし…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…