日商 Assist Biz

更新

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 アジアで台頭するeスポーツ

今年1月にマレーシア・クアラルンプールで行われた大会の様子。8月のジャカルタアジア大会では、日本人選手も参加した 写真提供:Shutterstock

「eスポーツ」という単語を見聞きする機会が急に増えてきた。eスポーツとは「エレクトロニック・スポーツ(electronic ・sports)」の略称。パソコン、スマートフォン(スマホ)などでプレーする電子ゲームを使ったスポーツ競技だ。スポーツといっても足や腕を使い、心拍が高まるような運動をするわけではなく、手先と動体視力、反射神経を駆使して戦う。サッカーやバスケットボール、バレーボールのように世界に広く普及し、米欧、中国で大規模な競技大会が開催されている。

ゲーム自身は個人や数人のチームで戦うが、それを数万人の観客が観戦。テレビやネットで中継され、プレーヤーに巨額の賞金が与えられ、さまざまな業種の企業が広告宣伝に活用する。ゲーム会社やゲーム機メーカーにとって、ゲームが注目されれば、売り上げ増につながる。サッカー、野球などのスポーツビジネスと同じ構造だ。

eスポーツでアジアは米国に比べ、市場の形成やプレーヤーの育成が遅れていたが、ここに来て、爆発的にeスポーツ市場が拡大している。考えれば、世界的にヒットするゲームは日本や中国発信のものが多く、ゲーム機も任天堂やソニーが世界に君臨している。若者のゲーム好きという点でもアジアは米欧に負けてはいない。今後、eスポーツはアジアで巨大ビジネスに成長するだろう。

すでに中国のアリババ、テンセントのIT2強はeスポーツに参入し、事業を拡大させているが、中国のeスポーツビジネスで最も著名なのは、万達(ワンダ)集団を率いる不動産王、王健林氏の息子の王思聡氏だ。彼が運営するチームは、世界的な強豪チームとしてのし上がっている。その姿は英国プレミアリーグのサッカーチームのオーナーと変わらない。 eスポーツは今年9月のアジア大会(ジャカルタ・パレンバン)でデモ競技に初めて採用され、2022年の中国・杭州のアジア大会で正式種目となる。2020年の東京オリンピックでも何らかの形で競技種目になる見通しだ。競技としてのeスポーツの発展とともにビジネスとしても急成長するだろう。

考えれば、eスポーツは男女も年齢も体格、体力も関係ない公平な競技であり、アジア市場こそメインの舞台となる可能性がある。旧来のスポーツの概念を崩すeスポーツのような新しい動きは、周辺に多様で幅広い新しいビジネスチャンスをもたらす。「自社とeスポーツの関わり」を、全社員を集めて議論してみてはいかがだろうか?

後藤 康浩(ごとう・やすひろ) 亜細亜大学 都市創造学部教授 早稲田大学政経学部卒、豪ボンド大学MBA取得。1984年日本経済新聞社入社、国際部、産業部のほかバーレーン、ロンドン、北京などに駐在。編集委員、論説委員、アジア部長などを歴任した。2016年4月から現職。アジアの産業、マクロ経済やモノづくり、エネルギー問題などが専門

次の記事

後藤康浩

年明けにクリスマスの話をするのは時候をわきまえないことではあるが、お許しいただきたい。昨年12月にバンコク(タイ)、ヤンゴン(ミャンマー)、ホーチミン(ベトナム)を2…

前の記事

後藤康浩

8月下旬、縁あって中国のEコマース第2位の京東(ジンドン)(JD.com)の本社や物流センターを訪ねた。北京市南部の新しい経済開発区にある本社は2万人が働く巨大ビル。エレベータ…

関連記事

後藤康浩

新型コロナウイルスの感染予防で、紙幣や硬貨にできるだけ触れたくないという人が増え、先進国では最も遅れていた日本のキャッシュレス化がようやく加速してきた。NTTドコモの…

後藤康浩

米国の経済誌『フォーチュン』が毎年発表するグローバル企業の売上高500社ランキング「フォーチュン・グローバル500」の2020年版の国・地域別ランクイン企業数で中国が初めて、…

後藤康浩

香港のことを考えると誰しも感傷的になる。香港は世界でも比肩するもののない特別なまちだからだ。旅行、出張、留学、就職、トランジットなど目的は違っていても、香港の空港(…