日商 Assist Biz

更新

まちの視点 学んだら実践

小さな店には来店客が引きも切らず、新岩城菓子舗三代目おかみ、徳植由美子さんとの会話が弾む

人口150万人、一日の乗降客数40万人──いずれの数字も伸び続ける神奈川県川崎市は、玄関口である川崎駅の周辺に次々とタワーマンションが立ち並び、大型商業施設がしのぎを削る日本有数の〝伸び盛りのまち〟として知られている。

駅に直結するショッピングセンター「ラゾーナ川崎プラザ」は、店舗営業面積約8万平方メートル、300超のテナントが上げる年商は750億円超。2006年の開業以来、日本を代表するショッピングセンターである。

そんな巨大SCの向こう側、駅から十数分ほど歩くとまちの様子は一変し、昔ながらの商店街ではそれぞれの店が小さな商いにいそしんでいる。1931年創業の和菓子店「新岩城菓子舗」も、そんな〝小店〟の一つである。

2度の存続の危機

「幼い頃から二代目である父のつくる和菓子が大好きで、和菓子屋の娘であることに喜びと誇りを持っていました。ところが、そんな父が病で仕事ができなくなってしまい……」

そう語るのは三代目おかみとして店を切り盛りする徳植由美子さん。「だったら私が店を守る!」と、銀行員であった夫・健司さんと共に菓子づくりの修業もないまま、99年に店を継いだ。当初は専門書を読みながらの試行錯誤だったが、応援してくれるお客の笑顔に励まされ、商いを続けていた。

しかし、ラゾーナ川崎プラザが開業すると、商店街を訪れるお客はみるみる減り始めた。新岩城菓子舗も売り上げが急減、2度目の存続の危機を迎えることになる。

「そのころちょうど、四代目となる息子が修業に出ていました。彼のためにも店を閉めるわけにはいきませんでした。そして何より、私たちのつくったお菓子を手に取って『おいしいわ、いつもありがとう』と言ってくださるお客さまがいるかぎり、やめるわけにいきませんでした」

なんとか打開策を見つけようと参加した商業界ゼミナールで、一つの出会いがあった。関西で「朝焼きどら焼き」で有名な和菓子店の社長に窮状を告げると、「おいしいどら焼きをつくりたいのなら、毎朝焼かなければあかんで!」と怒られたという。

こうした出会いや学びは、何も徳植さんだけに限ったことではなく、誰にでも訪れるものだ。しかし、できない理由を並べるだけで、それを実践する人は少ない。2008年4月14日以来、修業から戻ってきた四代目の健太さんを中心に教えを守り続け、「朝焼きどら焼き」は、今では年間2万個以上も食される同店の看板商品になっている。

チャンスの神様には前髪しかない

業績が回復軌道に戻りつつあった13年、新たな出会いがあった。地元で八代続く農家「しんぼりファーム」の新堀智史さんであり、彼が手塩にかけてつくる大きな甘いイチゴだった。そのおいしさにほれ込んだ健太さんが、いちご大福に使わせてほしいと頼んだところ、「僕のつくったイチゴをまずくしないでください」と、にべもないひと言を浴びた。

その言葉で職人魂に火のついた健太さんは8種類のあんこをつくり、愛情を込めてイチゴをつくる新堀さんの想いに応えた。こうして、甘さを控えた粒あんによる新たな名物「ジャンボいちご大福」が誕生。地元の資源を生かした、地元の顔の見える生産者との協働という、地域の専門店ならではの魅力を発揮している。

ギリシャ神話の神、カイロスの語源は機会(チャンス)。そのチャンスの神様には前髪しかないと言われるが、新岩城菓子舗の皆さんはまさにそれをつかんだ。学んだら実践、一期一会を大切にする――繁盛の要諦である。

(商業界・笹井清範)

次の記事

お茶を使った菓子の販売とカフェ「茶町KINZABURO」

お茶の一大産地の静岡市に、お茶に関わる会社や商店が集まる「茶町通り」がある。お茶関係の業者以外、わざわざ訪れる人は少ないこの通りで、一般の来店客が絶えないのが、お茶…

前の記事

オーダーメイド万年筆専門店「万年筆博士」

日本一人口の少ない鳥取県の県庁所在地。その鳥取駅前の商店街にあるオーダーメード万年筆専門店「万年筆博士」では、ペン軸の長さや太さ、ペン先の角度やタッチ、そして全体の…

関連記事

「家族の笑顔」をテーマに婦人服、子供服と雑貨を商う「COSUCOJI(コスコジ)」

創業13年目、埼玉・北浦和を拠点に5店舗を展開し、「家族の笑顔」をテーマに婦人服、子供服と雑貨を商う「COSUCOJI(コスコジ)」を営む小杉光司さんを久しぶりに訪ねたのは今年…

経済学者・思想家 ジャック・アタリ

「パンデミックという深刻な危機に直面した今こそ〝他者のために生きる〟という人間の本質に立ち返らねばならない」こう語るのは、ヨーロッパを代表する知性であり、フランスの…

栃木県のカメラ専門店チェーン「サトーカメラ」

日本の戦後商業の歴史は産業化、チェーンストア化の歴史でもあった。生活者の立場から日々の暮らしを豊かにする使命を掲げ、多くの商業者が“坂の上の雲”を目指して産業化、チェ…