アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 重要な「市場の規模感」の深堀り分析

ベトナム・ホーチミンのスーパーに並ぶ多様な即席麺

商品の市場規模は宗教や気候などよほど特殊な事情がない限りは、その国の人口と所得水準で分かるものだ。だが、東南アジア諸国連合(ASEAN)ではそうはいかないケースもある。TPCマーケティングリサーチの予測によると、2017年の飲料(ソフトドリンク)市場の規模はインドネシアが7587億円で、フィリピンが6370億円。人口が2・5倍あり、1人当たりGDPでも20%上回るインドネシアの飲料市場がフィリピンと大差ないことは意外だ。フィリピン人のライフスタイルがコーラなどソフトドリンクを愛飲する米国に影響されたためだ。

一方、今、日本企業が熱い視線を送るミャンマーの飲料市場規模はわずか3・4億円。ASEAN最貧国とはいえ、人口5300万人にしては小さすぎる。こちらはフィリピンとは逆に軍政時代を通じ米国の経済制裁を受け、コーラなどペットボトルの飲料品を飲む暮らしはまだ日が浅い。容器のボトルや缶も輸入に頼る部分が多く、フィリピン並みになるまでにはまだ時間がかかる。

ミャンマーは1人当たりのビール消費量(2010年WHO調べ)も年間0・12ℓとイスラム国家並みの少なさ。しかし、経済水準で大差ないはずのラオスは20倍の2・43ℓで、成長で先行する隣国ベトナムの2・15ℓや所得水準が3倍以上のタイの1・66ℓを上回る。ラオスのビール「ラオビア」はASEAN屈指のおいしいビールといわれ、ミャンマーとラオスの消費傾向の違いを映し出している。

即席麺は日本がアジアに普及させた食文化で、1人当たり消費量でみると、アジア各国が世界上位に並ぶ。双璧はベトナムとインドネシアで、1人当たり年間50食以上を食する。タイ、マレーシアも43~44食でそれに次ぐ。フィリピンは36食でそれなりに多いが、米飯好きの国民だけに麺消費はまだまだだ。ミャンマーは年間約9食だが、シャン州など高度な麺文化のある国だけに今後は伸びるだろう。ベトナムで大成功したエースコックが早くも工場進出した点に注目したい。

飲料品や即席麺は少額消費で、自動車や家電製品のように国の政策の影響を受けるわけではない。消費者の購買欲、嗜好(しこう)がそのまま市場規模に表現される。各国の違いは生活習慣や西洋化、現代化の程度を映し出している。そうした要素の背景、歴史をしっかり調べ、自分なりの仮説を持つことがASEANでモノを売っていくときの重要なカギとなるだろう。

後藤 康浩(ごとう・やすひろ) 亜細亜大学 都市創造学部教授 早稲田大学政経学部卒、豪ボンド大学MBA取得。1984年日本経済新聞社入社、国際部、産業部のほかバーレーン、ロンドン、北京などに駐在。編集委員、論説委員、アジア部長などを歴任した。2016年4月から現職。アジアの産業、マクロ経済やモノづくり、エネルギー問題などが専門
この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 深圳の大転換を見落とすな

後藤康浩

深圳といえば1978年末に鄧小平氏が発動した「改革開放」政策の象徴として初の経済特区が置かれた街だ。外資を導入し、当時は賃金も安く、若くて豊...

前の記事

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 「支付宝」 ビジネスへの生かし方

後藤康浩

「支付宝(アリペイ)」が日本市場に本格上陸し、静かに広がり始めている。支付宝とは「天猫(Tモール)」「淘宝網(タオバオ)」などを運営する世界最...

関連記事

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 ボーダーレス化する五輪 無料会員限定

後藤康浩

外交的ボイコットに始まり、行き過ぎたコロナ感染対策や競技場へのアクセスの不便さ、競技を巡っては疑惑の判定や失格騒動などさまざまな問題も起...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 中国経済の変調とアジア

後藤康浩

中国の2021年の国内総生産(GDP)の伸び率は実質で8・1%となった。一見、高い伸びだが2020年の落ち込みからの反動で、決して好調とはいえない。10...

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 東南アジアにも広がり始めたEV

後藤康浩

電気自動車(EV)で世界の主導権を握った観もある中国メーカーが、東南アジアへの攻勢をかけ始めた。上海汽車は買収した英国MGブランドで生産・販...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする