日商 Assist Biz

更新

真壁昭夫の経済底流を読み解く 経済成長に必要なイノベーション

アベノミクスの円安・株高で一時的に盛り上がった景況感は、昨年11月中旬以降、再び悪化している。国内の家計部門の実質ベースの所得が減少している一方、食料品などの価格が上昇し、人々の生活実感は厳しさを増している。短期的には、個人消費の大幅な伸びは期待できない。海外に目を転じると、中国経済の一段の減速懸念や米国経済の先行き不透明感、さらには欧州地域の景気低迷や一部金融機関の信用不安などリスク要因は多い。短期的には輸出の伸びも期待ができない。わが国経済の閉塞感の払拭はなかなか難しい。

わが国経済の閉塞感の大本に、二つの重要な国内要因がある。一つは、人口構成の問題だ。既にわが国の人口は減少局面を迎えている。しかも少子高齢化の進展で、経済のさまざまな面で下押し圧力が働き始めている。理屈から言っても、人口が減り、シニア層が増えると消費は伸びにくい。また、供給サイドを考えても、モノをつくったり、サービスを提供する労働力に制約が掛かりやすい。シニア層の増大は社会保障費などの負担を増すことになる。以前から、人口問題の重要性は議論してきたにもかかわらず、国としてほとんど有効な手立てを打てていない。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

真壁昭夫

〝パナマ文書〟が大きな波紋を投げかけている。パナマ文書とは、パナマの法律事務所であるモサック・フォンセカから流出した膨大な機密文書を指す。同事務所は英領ヴァージン諸…

前の記事

真壁昭夫

日本銀行は、1月29日、金融政策決定会合でマイナス金利政策の導入を決めた。2013年4月の量的・質的金融緩和、14年10月の追加緩和に続く、〝黒田バズーカ第3弾〟ともいえる。そ…

関連記事

真壁昭夫

世界経済は、新型コロナウイルスの感染再拡大懸念や、米中対立の鮮明化などによって回復への足取りが鈍くなっている。世界的な感染再拡大によって人の動き=動線が阻害され、各…

真壁昭夫

5G通信などのIT先端分野で米中の対立が先鋭化している。5月には米国政府が中国の通信機器大手ファーウェイへの制裁を強化した。また、これまで5G通信網整備のためにファーウェ…

真壁昭夫

今年6月14日、北海道を拠点とするスタートアップ企業である「インターステラテクノロジズ」が、観測用のロケット打ち上げを行った。若いエンジニアが集まり、コストを抑えなが…