日商 Assist Biz

更新

成長を促す税制を要望 軽減税率ゼロベースで 平成29年度税制改正に関する意見(概要)

中小企業が支える雇用 給与支払いから発生する所得税 社会保険料の負担

日本商工会議所は9月14日、「平成29年度税制改正に関する意見」を取りまとめ、政府・与党など関係各方面に提出し、意見の実現を働き掛けた。同意見書では、中小企業が雇用を通じて地域経済や財政に大きく貢献している実態や大企業とは異なる中小企業の特性を示した上で、その特性を生かし活発に活動できる環境整備として、中小企業の特性に着目した税制の実現が必要と主張している。概要は次の通り。

関連記事はこちら

日本経済や地域を支える中小企業の特性に着目した税制の実現を

⑴中小企業は、赤字法人であっても、雇用などを通じて、国家財政や地域経済に大きく貢献。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン