日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「スコアが必ずアップする」12 のポイント Lesson 1 ショートアイアンはミス率を10%以内に 抑えるべし

飛距離を稼ぐドライバーはフルスウィングしてもOK

パット編、アプローチ編と続いてきた連載ですが、いよいよ仕上げのシリーズとなります。ここでは、さまざまな角度から、スコアアップの極意をお伝えしていきます。1年間12レッスン、最後までお付き合いください。

今回は、ショートアイアンの距離のつかみ方です。よく、アイアンの飛距離を自慢する人を見かけますが、ショートアイアンでいくら飛ばしても、何の意味もありません。まず、ショートアイアンの目的を考えてみてください。それは、ボールを目標まで運ぶことです。プロゴルファーならピンを、アマチュアなら確実にグリーンを狙うクラブ、それがショートアイアンです。

柔らかいゴムボールを思い切り投げるときと、近くのクズカゴに入れようとするときでは、力の入れ具合が違うはずです。ゴルフも同じことです。飛距離を稼ぐドライバー(ショット)は、ある程度フルスウィングしても構いません。しかし、ウェッジやショートアイアンは、ボールを目標に運ぶことが目的ですから、力をコントロールしなくてはいけません。

9番I(アイアン)を例にとってみましょう。昔は9Iの飛距離はドライバーの半分というのが目安でした。でも今はドライバーの性能が上がっているので、半分マイナス5ヤードというところでしょうか。ドライバーで230ヤード飛ばす人なら、その半分マイナス5ヤードですから、110ヤードです。それ以上は飛ばしすぎで、グリーンをとらえることも難しくなってきます。

ショートアイアンでは飛距離を出すことよりも、ミス率を10%に抑えるように心がけてください。狙った距離に対して、実際に打って残った距離の割合がミス率です。これが10%以内なら合格です。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

プロゴルファーは、1日に600とか700個のボールを練習で打ちます。そんなに打って、よく手のひらが痛くならないものだと思う人もいるでしょう。手のひらが痛くなったり、マメが…

前の記事

江連忠

ただでさえバンカーショットを苦手にする人が多いのに、砂にボールが半分ほど沈んでいて、おまけに周囲の砂が盛り上がっていると、さらに厄介です。その状態を「目玉」といいま…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…