日商 Assist Biz

更新

渋沢栄一の軌跡 第4回 磐越西線

磐越西線、猪苗代駅〜川桁駅間を走行する「TRAIN SUITE 四季島」 [写真提供]須藤清孝 [協力]会津若松商工会議所

磐梯山の麓を走り抜ける会津若松の発展を支えた鉄道

福島県郡山市の郡山駅から新潟県新潟市の新津駅までをつなぐ磐越西線は、1898年に岩越鉄道として誕生しました。この鉄道は、地域発展のために交通インフラの整備が不可欠であると考えた当時の福島県知事・日下義雄が渋沢栄一の助言の下で開業を目指したものです。栄一はその熱意に応え、地元の資産家にも投資するよう働きかけるべきだ、とアドバイスをするとともに、自らも出資者となり、創業後も取締役として事業の発展に力を尽くしました。

昨年には創業120周年記念事業のフォトコンテストが行われ、多くの美しい写真が寄せられた磐越西線。現在も観光資源として地域経済を支えています。

次の記事

静岡県

料亭・浮月楼(ふげつろう)は、かつて徳川幕府の代官屋敷があり、15代将軍徳川慶喜が大政奉還の後に20年間過ごした地に建てられた、静岡市の〝迎賓館〟です。ここは幕臣であった…

前の記事

岡山県

全国高校駅伝の強豪校として知られる井原市の興譲館高等学校は、1853年に一橋家の有志により郷校「興譲館」として設立されました。初代館長を務めた漢学者の阪谷朗廬(さかたに…

関連記事

三重県 四日市商工会議所

外国綿糸の大量輸入により国産綿糸の生産が圧迫されていたことを憂慮していた渋沢栄一は、紡績産業を発展させるため、大阪紡績の設立に尽力しました。やがて大阪紡績は同じく栄…

奈良県

日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は、教育や公益事業などの社会貢献活動にも精力的に取り組んでいました。その一つに、聖徳太子1300年御忌法要の準備会として発足した聖徳太…

長野県

内山峡(うちやまきょう)は千曲川の支流滑津(なめづ)川によって形成された渓谷で、迫力ある無数の奇岩が見られることから、「信州耶馬渓」と呼ばれて親しまれてきました。栄一は…