日商 Assist Biz

更新

渋沢栄一の軌跡 第4回 磐越西線

磐越西線、猪苗代駅〜川桁駅間を走行する「TRAIN SUITE 四季島」 [写真提供]須藤清孝 [協力]会津若松商工会議所

磐梯山の麓を走り抜ける会津若松の発展を支えた鉄道

福島県郡山市の郡山駅から新潟県新潟市の新津駅までをつなぐ磐越西線は、1898年に岩越鉄道として誕生しました。この鉄道は、地域発展のために交通インフラの整備が不可欠であると考えた当時の福島県知事・日下義雄が渋沢栄一の助言の下で開業を目指したものです。栄一はその熱意に応え、地元の資産家にも投資するよう働きかけるべきだ、とアドバイスをするとともに、自らも出資者となり、創業後も取締役として事業の発展に力を尽くしました。

昨年には創業120周年記念事業のフォトコンテストが行われ、多くの美しい写真が寄せられた磐越西線。現在も観光資源として地域経済を支えています。

次の記事

静岡県

料亭・浮月楼(ふげつろう)は、かつて徳川幕府の代官屋敷があり、15代将軍徳川慶喜が大政奉還の後に20年間過ごした地に建てられた、静岡市の〝迎賓館〟です。ここは幕臣であった…

前の記事

岡山県

全国高校駅伝の強豪校として知られる井原市の興譲館高等学校は、1853年に一橋家の有志により郷校「興譲館」として設立されました。初代館長を務めた漢学者の阪谷朗廬(さかたに…

関連記事

宮城県

七十七銀行の前身にあたる第七十七国立銀行は、1878(明治11)年に地元・仙台に基盤を置く銀行の必要性を感じていた元仙台藩士の氏家厚時らを中心に設立されました。その際、日…

埼玉県

渋沢栄一は天保11(1840)年に、武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市血洗島)で生を受け、10代のころから家業である養蚕や藍玉の製造販売を手伝って、藍の販売や原料の仕…

京都府

江戸で蘭学を学び、米国でさらに見聞を広めた新島襄(じょう)は、日本における教育の必要性を強く訴え、私学同志社の設立への協力を呼び掛けていました。新島を支援する会合に出…