日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 地域活性化へ支援室新設 6次産業化を推進

一関商工会議所(岩手県)は7月1日、「地域産業活性化支援室」を設置した。農商工連携と6次産業化の取り組み推進を図っていく。

支援室は、同所専務理事が統括を務め、地域産業活性化支援員を新たに採用し10人で構成している。会員企業や生産農家などへの訪問調査を行いながら、それぞれが持つ技術やニーズを確認。関係機関や団体などとの連携を強化し積極的に情報を交換しながら、新しい商品やサービスの開発支援を図る。勉強会なども開催し、産業間、企業間のマッチングも目指していく。市が発足させた農商工連携推進チームとも連携を強めていく考えだ。同所は、「発足後32社を訪問した。個々の企業力を知るのは大変有意義。秋には農家も訪ねる予定」と話している。

次の記事

茨城県 ひたちなか商工会議所

ひたちなか商工会議所(茨城県)が7月12日に開催した「なかなか良いトコひたちなか! 婚活DE愛ツアー」が大成功。11組のカップルが誕生した。同ツアーは、観光振興と少子化対策…

前の記事

北海道 富良野商工会議所

富良野商工会議所(北海道)などが平成22年に開設した食をテーマにした複合施設「フラノマルシェ」が注目を集めている。7月8日、来場者数が300万人を突破した。運営は、同所や市…

関連記事

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…

岩手県 久慈商工会議所

久慈商工会議所(岩手県)に事務局を置く、久慈・宮古・釜石・大船渡・八戸の商工会議所と岩手県県北広域振興局、沿岸広域振興局から構成される「三陸グルメマンガプロジェクト…