日商 Assist Biz

更新

挑む!経営支援編 vol.7  課題提案で伴走支援 鹿児島

直接話すことで見える問題や解決策も多い

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、会員企業などへの継続した伴走支援体制を確立し、支援を行っている商工会議所を紹介する。

鹿児島商工会議所では平成25年度から、会員企業などへの経営支援強化のため、経営指導員11人がそれぞれ30事業所以上を選定し、原則四半期に1回以上の課題提案型巡回指導を実施。金融支援、エキスパートバンク利用、補助金活用、経営革新認定などの施策利用促進につなげている。

同所の経営指導員が会員企業に巡回に行く際には、原則経営者との直接面談を実施。事業者が抱える経営課題をヒアリングし、それぞれに合った各種支援メニュー(マル経・セミナー・補助金など)を適宜提案することで、会員企業の会議所利用満足度を上げている。

また、事業所訪問などで知り得た情報は、所定のカルテに記録。「見える化」を図り、担当が変更してもスムーズに引き継げる工夫をしている。

さらに、平成26年度から、鹿児島県が県下商工会議所・商工会の全経営指導員に対して、1指導員あたり3件の指導先を選定し、経営分析とともに具体的・効果的な支援を行うことで、売り上げや利益の増加に結び付けるという制度を発足。県への報告義務もあるため、経営指導員のブラッシュアップが図られるとともに、継続的な伴走支援体制が同県内で確立し、経営改善や販路拡大など具体的な成果につながっている。

次の記事

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、専門の研究会を設立し、支援体制を確立している商工会議…

前の記事

大分商工会議所は平成21年から、中小企業が抱える経営課題を解決するため、「ビジネス何でも応援隊」事業を実施している。中小企業診断士、弁護士、税理士、建築士、ITコーディ…

関連記事

地方創生の核となる中小企業・小規模事業者への支援強化に向け、各地の取り組みが本格化している。今回の「挑む」では、「地区担当制」を導入し、各地区に経営指導員を配置して…

岡山県下の12商工会議所は4月18~22日の一週間、岡山県商工会議所連合会が中心となって県下一斉に事業者巡回を実施した。同事業は平成24年度から、毎年春と秋の2回実施している…

各務原商工会議所(岐阜県)では平成26年度から、商工会議所職員の企業支援レベルの底上げと平準化を図るため、定例で月2回、企業支援の経過報告会である「経営支援戦略会議」を…