日商 Assist Biz

更新

商工会議所活用レシピ 商工会議所のサポートで事業を再開できました

宮本水産株式会社 専務取締役 宮本 嘉二さん

当社は明治時代から商売をはじめました。戦後には、宮本商店として、なまり節や焼きちくわの製造を開始、昭和26年に現在の宮本水産株式会社を設立しました。主に地元水産物の二次加工をしており、最終商品をつくる企業へ販売しています。

東日本大震災の際に発生した津波によって本社工場、冷蔵庫が全壊。これからどうするのか、事業を継続することができるかどうか、正直途方に暮れました。そんなときに、石巻商工会議所が主催をしている石巻水産復興会議でグループ補助金の話を聞いたのです。この補助金があれば、全壊した工場や、冷蔵庫を直して、元の規模で商売できるのではないかと思いました。

ただ、補助金をもらうためには申請書類を作成しなければなりません。私たちにとって、補助金の申請書類を作成することは非常に難しいものでした。いわゆる役所の書類で、今まで書いた経験がなかったので、正直「チンプンカンプン」でした。

私の母が15年間、商工会議所の女性会で副会長をしていたこともあり、女性会の事務局を担当していた内海さんとは面識がありました。そこで、申請書類のつくり方について、商工会議所に相談することにしました。内海さんたちスタッフのみなさんに丁寧に指導していただき、無事にグループ補助金を獲得することができました。そして、平成24年12月に新工場が無事に完成。本格的に商売を再開することができました。本当に感謝しています。商工会議所には、これからも役に立つ情報を集めて、それを分かりやすいように噛み砕いて教えてほしいですね。

当社は、石巻の市場に揚がった魚をお客さまの要望に応えて、あらゆる形に加工できる工場を目指しています。そのため、どうしても機械化に限界があるので、人に負担が掛かってしまうところがあります。これをどうやって軽くしていくかということが課題ですね。また、同時にどんな注文にも応えられるように加工技術も常に向上させていきたいと思います。

担当者からひと言

ご相談は最寄りの商工会議所までお気軽にどうぞ!

石巻商工会議所(宮城県) 指導二課 課長(主任経営指導員) 内海 公恵

私が女性会の事務局を担当していたとき、現社長・専務のお母さまが当所女性会の副会長を務められていました。ですから、そのころからの長いお付き合いですし、会議所の講習会やマル経融資もご利用いただいています。

今回、申請書類を初めて書くということでかなり苦労されたようですが、非常に粘り強く取り組まれました。アドバイスをしっかりと理解し、次回にはそれを反映していただきました。

津波で全壊し、再建中の魚市場が今年夏前には完成予定です。宮本水産さんに限らず、石巻には風評被害の払拭や販路の拡大など、課題がたくさんあります。地域の盛り上がりに貢献するため、これからもきめ細やかな支援をしていきたいです。

次の記事

商工会議所活用レシピ 竹原の良さを感じてもらえる店にしたい

広島県 竹原商工会議所/花みづき

当店「花みづき」では、プリザーブドフラワーの販売とカフェの運営をしています。花はオーダーから配送までを行い、価格も手頃なものから揃えてい...

前の記事

商工会議所活用レシピ 商工会議所は親子のような存在です

北海道 江別商工会議所/有限会社安達アダチ理美容室

当社は昭和50年にアダチ美容室として開業し、翌年に理容室を始めました。平成14年には理美容業を行う「有限会社安達」となり、店名を「理容・美容 ...

関連記事

商工会議所活用レシピ プライド懸ける唯一の「伊勢木綿」製造

三重県 津商工会議所

当社は創業以来、江戸時代から続いている伝統産業「伊勢木綿」(織物)を製造しています。国内最高級の純綿糸を、そして明治時代から受け継がれる...

商工会議所活用レシピ 小規模事業者にこそ経営指導員

鳥取県 鳥取商工会議所/MASUYAMA-MFG株式会社

当社は、昭和58年に私の父が創業し、切削加工を主とした精密金属部品などの製造を手がけている金属加工業です。 私は、平成21年に亡くなった父の...

商工会議所活用レシピ 商工会議所が商標を登録してくれました

群馬県 伊勢崎商工会議所/むらさき庵

地域の役に立つためにと平成22年にむらさき庵を創業しました。主人はハトリバンテック株式会社を経営し伊勢崎商工会議所の議員を務め、息子は青年...