日商 Assist Biz

更新

身の丈ITで生き残れ! vol.18

中村社長もテレワーク中。社内会議や取材対応はG Suiteの「meet」で行っている。同社が進めるいつでもどこでも同じクオリティで仕事ができる「どこでもオフィス」の実験だ

青梅市に都市ガスを供給する青梅ガスは、グーグルが提供するサービス「G Suite」を使い、会議のペーパーレス化に成功。コロナ禍の現在はテレワークにまで範囲を広げている。「お金のかからない環境」で導入を始め、時間をかけて社内に浸透させていった、身の丈ITの成功事例だ。

お金をかけない身の丈ITでペーパーレスを実現

iPhoneが普及し始めた2010年当時、スマートフォンを使ってメールやデータを管理・閲覧している人はまだ少数だった。そのころ、青梅ガス社長の中村洋介さんは、携帯電話に入っているスケジュールをパソコンとリアルタイムで同期したい、社内メールをモバイル環境でも見たい、そして多少不安定なところがあった社内メールのバックアップ用メールが欲しいと考えていた。といっても、「予算を組んでシステムを構築して……というふうに頑張るつもりも覚悟もなく、モバイルに詳しい社員に相談したりして、軽い気持ちで始めたことでした」。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

グランド印刷株式会社

福岡県北九州市に本社を置くグランド印刷は、印刷・広告、サイン・ディスプレイ事業などを手がける「コミュニケーションの仕掛人」。IT化に取り組んだ2010年当時は顧客や受注情…

関連記事

株式会社竹延

大阪市の塗装工事会社「竹延」は、建設業界の生産性向上のため、ITを活用したさまざまな取り組みを行っている。その代表例が職人の勤怠管理や交通費の申請用紙「出面(でづら)」…

日美装建株式会社

日美装建は、1994年設立のビルメンテナンス会社。病院・老健施設、飲食店・オフィスビルなどに清掃員を派遣している。作業現場の数が多いため、正確な作業指示の伝達、作業状況…

有限会社ゑびや

社内のIT化がなかなか進まないと嘆く経営者は少なくない。その理由の多くは、従業員に起因するものだ。経営者は、現場の従業員の拒絶反応とどのように向き合えばいいのか。三重…