日商 Assist Biz

更新

身の丈ITで生き残れ! vol.21

上毛食品工業社長の栗本靖彦さん。「事務処理や労務管理、商品の提供、サービスの方法を変えて次の時代に事業を継続していくために、IT化を決意しました」

上毛食品工業が生産する牛乳や飲むヨーグルトなどの乳製品は、日持ちしないことから「日配食品」と呼ばれ、仕入れた材料はすぐに加工して店舗や消費先に配送される。そのため一般的な工業製品とは異なる生産管理や事務処理が求められる。これまで同社は40年前に導入したシステムで対応していたが、将来を見据えてIT化に踏み切ることにした。

40年前のオフコンをやめて業務管理のIT化を検討

上毛食品工業は、群馬県高崎市で明治18(1880)年に栗本牧場として発足、昭和25(1950)年に株式会社を設立し、牧場を手放して乳製品の生産企業となった。現在は販売部門である栗本牛乳販売有限会社と連携し、学校給食や官公庁、小売店などに製品を卸している。それ以外に大手スーパーやレストランチェーンのPB(プライベート・ブランド)の生産も手掛けている。また、同社が独自に開発した飲むヨーグルト「贅酪(ぜいらく)」は、砂糖や添加物を一切使用せず、牛乳中乳糖を酵素分解して使用している。そのため生乳本来の甘みが味わえるとして人気が広まっている。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

株式会社水谷精機工作所

機械設備メーカーの水谷精機工作所は、産業機械の設計・製造を行う一方、VR(バーチャル・リアリティー)事業を開始し、3D CADデータの立体視や遠隔作業支援システムを開発。高…

関連記事

株式会社航和

岩手県岩手郡雫石町に本社を置く航和は、1972年に前身の佐々木整骨院を開業、2007年に介護分野に参入し、「ななかまど」と名付けた居宅介護支援事業所、通所介護事業所、訪問介…

株式会社日本設計工業

省人・省力・省コストのためにロボット導入を検討している中小企業は多い。導入には費用がかかるため、コスト削減効果を第一に求めたくなるが、実はロボット導入の最大の目的は…

青梅ガス株式会社

青梅市に都市ガスを供給する青梅ガスは、グーグルが提供するサービス「G Suite」を使い、会議のペーパーレス化に成功。コロナ禍の現在はテレワークにまで範囲を広げている。「…