若手経営者が描く10年後の東北ビジョン vol.2

東日本大震災からの復興の担い手となる東北各地の若手経営者の取り組みと思い描く10年後のビジョンを12回連載で紹介する

「伝統的な製法で、現代人に合う日本酒を」と語る佐藤祐輔社長

豊かな自然に囲まれ、米どころでもある東北は、各地で美酒がつくられている。中でも「日本酒新時代の牽引(けんいん)役」と称されているのが、秋田市にある新政酒造社長の佐藤祐輔さん。手間と時間のかかる伝統的な製法で仕込まれた、シンプルで美しい四合瓶に入った同社の日本酒は、入手困難なほど人気を集めている。「酒づくりはアート」という佐藤さんに、その理由と今後について伺った。

「酒づくりはアート」ボトルは人にとっての洋服

新政酒造は幕末動乱期の1852(嘉永5)年に創業。八代目にあたる佐藤祐輔さんは、2012年に社長就任。現在は同社の五代目佐藤卯兵衛さんが発見した「6号酵母」と秋田県産の素材のみを用い、伝統的で高度な技術を要する「生酛(きもと)づくり」という製法で純米酒をつくっている。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

前の記事

若手経営者が描く10年後の東北ビジョン vol.1

濱幸水産株式会社 岩手県 釜石市

東日本大震災で大きな被害を受けた東北の三陸地域。岩手・釜石で漁業を営む濱幸水産は「水産業者がみんなでタッグを組んで、10年後には世界の最先...