もらってうれしい大人の手土産 熟成、無添加のうま味に感動 村上伝統の味に舌鼓を打つ 「鮭の酒びたし」

鮭の酒びたし33g 1426円(税込)

越後村上は新潟県最北の市で旧村上藩の城下町。今でも市内に武家屋敷や商人町の面影を色濃く残し、城下町風情豊かなまち並みが広がっている。村上は鮭のまちでもある。歴史は古く、平安時代中期に編さんされた格式「延喜式」に越後から鮭が献上されたとの記載があり、現在までその名を全国にとどろかせている。

鮭は頭から尻尾まで余すところなく料理に使われ、村上の鮭料理は100種類以上あると言われる。中でも絶品の鮭料理が「鮭の酒びたし」だ。塩引き鮭を自然の風で1年かけて熟成させ、薄くスライスしたもので、日本酒をかけて味わう珍味。7月の村上大祭には欠かせない一品で、祭り客には酒と酒びたしを振る舞うしきたりとか。酒のつまみのほかに、炊き込みご飯やお茶漬けの具、最近ではマリネやパスタにも使用するという。世界で村上でしかつくれない鮭のうま味が凝縮した料理である。「きっかわ」の店内には天井からつるされた鮭がびっしり。添加物、化学調味料などを使用せず、手間暇をかけて手づくりする〝ホンモノ〟の希少な味を楽しもう。

村上には有名な酒蔵もあり、うまい酒と鮭を友に秋の夜長を過ごしたいものである。

Data

社名:きっかわ

所在地:新潟県村上市大町1-20

電話:0254-53-2213

HP:https://www.murakamisake.com/

【村上商工会議所】

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。
この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

もらってうれしい大人の手土産 愛媛みかんをまるごと一つ果汁が弾ける名物大福 「まるごとみかん大福」

愛媛県 今治市

なだらかな山の斜面にミカン畑が広がる秋冬の南予は、日本の美しい風景の一つ。陽光を浴びてキラキラ光るミカンはみずみずしく、いつまで眺めてい...

前の記事

もらってうれしい大人の手土産 気が向いたらポイと口に放り込む 純粋な甘さの黒糖をどうぞ 「地釜炊き純黒糖」

沖縄県 浦添市

疲れた時には、一かけらの黒糖をなめるとスーッと体も心もほぐれてくるから、あら不思議。仲宗根黒糖の「地釜炊き純黒糖」は私にとって薬やサプリ...

関連記事

もらってうれしい大人の手土産 酒のさかなや前菜にも最適、有明海の幸を粕漬けに 「四ツ山漬」 無料会員限定

福岡県 大牟田市

あまり聞きなれない「四ツ山漬」とはタイラギ(平貝)の貝柱の粕(かす)漬けのこと。四ツ山は地名で、福岡県大牟田市の有明海に面したエリア。かつ...

もらってうれしい大人の手土産 うま味成分100%の無添加干しエビ 「開運勝ちえび」

大分県 宇佐市

長洲(ながす)漁港は国東半島の西側、豊前海に面した穏やかな漁港で、昔から赤エビ漁が盛んに行われてきた。漁港は毎日エビで赤く染まり、多い時は“...

もらってうれしい大人の手土産 こだわりの千葉県産ピーナッツとミルクがコラボした濃厚アイス 「ピーナッツアイス」

千葉県 館山市

千葉県生まれなのでピーナッツにはかなり思い入れがある。なにしろ日本のピーナッツの総生産量は1万5600tで、その8割5分の1万3000tが千葉県産。幼...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする