日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「理想のスイング」12のポイント Lesson6 飛距離を伸ばしたいなら クラブは短く持て!

クラブを長く持つと…… ボールから離れて構える 芯に当たらない。当たり負けする 負けないように強く握り、さらにミート率が落ちる

飛距離を伸ばそうとクラブを長く持っていませんか。確かに長く持った方が慣性モーメントも遠心力も大きくなるので物理的にはボールは飛びます。しかし、それはちゃんと当たったときの話です。

クラブを必要以上に長く持つとボールから離れて構えます。結果的にミート率が落ちてしまうのです。芯に当たらなかったり、当たり負けをしたりすると、それに負けないように強く握ってしまいます。その結果、さらにミート率が落ちてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

基本的にはクラブを短く持った方がミート率は上がるので、アマチュアゴルファーの場合は、飛距離が伸びることが多いのです。

トップで自分からグリップエンドが見えないのは、長く持ちすぎている証拠です。どのくらい短く持つかというと、目安は指2本分程度です。風が強いとき、傾斜地、左右に曲げたくないときは、こぶし1個分くらい短く握ることもあります。短く持つと、タイミングが変わるので違和感はあるかもしれません。しかし、それに慣れることが大切です。ハンディ18以上の人は、ミート率が悪いからそのハンディなのです。

上達したいなら絶対にクラブは短く持った方がミート率も上がるし、飛距離も安定して伸びるはずです。そして、本気で上手(うま)くなりたいなら、ショートアイアンを持ち、スリークォータースイングでフルショットと同じ距離を出す練習をしてください。コンパクトに振って距離を出そうとすると、体幹部をどう使い、どこに力を入れたらいいのかが分かります。そうすれば正確性も上がるし、飛距離も伸びるはずです。

とにかく上手くなりたかったら、クラブは短く持つ、このことを肝に銘じてください。

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連 忠(えづれ・ただし) 1968年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。1993年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。また、アマチュアの指導にも力を注いでいる

次の記事

江連忠

実年齢より若々しく見えるスイングをする人、逆に老けて見える人がいます。その違いはどこにあるのでしょうか。フォローが小さなスイングだと、どうしても老けて見えてしまいま…

前の記事

江連忠

クラブのフェースを真っすぐ向けて構えているのにボールが曲がってしまうことはありませんか。フェースをスクエアに合わせたからといって、ボールが真っすぐ飛ぶとは限らないの…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…