日商 Assist Biz

更新

こんなときどうする会社の法律Q&A

第一法規株式会社

外国人は、「出入国管理及び難民認定法」で定められている在留資格の範囲内で、日本における活動が認められています。在留資格は33種類あり、一般企業で就労可能な在留資格を例…

第一法規株式会社

今回の法改正では、職務発明の帰属(発明が生まれた時、その特許を受ける権利は誰にあるか)の考え方が変わりました。これまでは図2のように、発明が生まれた瞬間、特許を受け…

第一法規株式会社

情報流出というとハイテク犯罪をイメージする人が多いかもしれません。しかし、実際は退職者による情報流出が最も多いという調査結果があります。また、どういった情報が流出し…

第一法規株式会社

住民登録のある日本国の住民全員(外国籍の人で、住民票がある中長期在留者や特別永住者を含む)にマイナンバー、12桁の個人番号が通知されました。また、企業には、国税庁から…

第一法規株式会社

今年の労働者派遣法の改正で、これまで派遣期間の制限がなかった専門性のある26業務などへも一律に期間制限ができたと聞きました。今回、労働者派遣法は、どのように変わったの…

第一法規株式会社

最近、「標的型攻撃メール」というものが増えていると聞きますが、当社では、ウイルス対策ソフトを導入する以外の対策は特にしていません。何か特別な対策が必要なのでしょうか…

第一法規株式会社

取引先のA社から、会社を分割し当社と取引中の部門を子会社として独立させるという通知が届きました。この部門はどうやら不振らしく、もし清算や民事再生・破産となれば、当社…

第一法規株式会社

当社は、大手メーカーの系列会社A社(資本金4億円)の委託で電子部品を製造しています。零細企業の当社は、A社との取引で経営を支えていますが、納品から支払いまでの期間が長…

第一法規株式会社

当社はチェーンの飲食店です。先日、アルバイト社員が職場で悪質ないたずらをした写真が、インターネット上で公開されるという事件が起きました。そのアルバイト社員の勤務店は…

第一法規株式会社

最近、無断で店内の商品をスマートフォンで写真撮影するお客さまが増えて困っています。先日、あるお客さまに注意したところ、撮影禁止の張り紙などはしていなかったため、「な…

「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(通称:マイナンバー法)が、来年1月から運用開始になります。会社にとっては、いったいどのような…

第一法規株式会社

当社は製造業です。取引先からの急な注文に対応するため、社員に当分の間、毎日残業してもらうことにしました。ところが、ある社員が、自分は終業時間以降は趣味に時間を使う、…

第一法規株式会社

当社では、社員に通勤経路を届けさせており、最も交通費の安い通勤経路の定期券代を支給しています。また、社員には、購入した定期券のコピーも提出させています。先日、ある社…

第一法規株式会社

老朽化した駅前ビルの地下1階でカラオケ店を経営しています。雨漏りや停電が起きるたびに大家さんが修繕していましたが、とうとう大家さんから「明け渡してくれ」と言われまし…

第一法規株式会社

今期限りで退職予定の取締役(専務)が、ライバル会社へ転職予定らしく、有能な社員の引き抜きを図ったり、当社の営業上のノウハウを漏らしたりしています。社長から厳重に注意…

第一法規株式会社

創業者の私も70歳になり、会社(資本金5000万円、株主5人の同族会社)の後継者を誰にするかを検討しています。私は、自分の相続税対策よりも、会社の存続を第一に考えています…

第一法規株式会社

経営不振に陥ると、銀行から融資を受けるため、あるいは入札参加資格を保持するためなどの理由から、仮装経理(いわゆる粉飾決算)を行ってしまうことがあります。そんなとき、…

第一法規株式会社

近年、個人情報の漏えいは顕在化する可能性が高く、そうなった際には社内外に大きな影響を及ぼすリスクの一つとして注目が高まっています。社内で個人情報の漏えいが発生、また…

第一法規株式会社

セールの季節は、売り場も活気づき、消費者が心弾ませながら楽しく買物ができる、本当に楽しい季節ですよね。そんなセールには、消費者に魅力的な二重価格表示が並びますが、ど…

第一法規株式会社

一流レストランやホテルで料理に使われている食材に関する表示について、偽りがあったという事件は記憶に新しいところです。不当な表示や景品の提供については、「不当景品類及…