日商 Assist Biz

更新

アジアの風〜ビジネスの先を読む〜 広がる『グローサラント』

盒馬鮮生の競争力の一つとなっているグローサラント(上海で)

自宅で調理するのではなく、総菜をレストランや屋台で買って持ち帰り、家族で食卓を囲む「中食」文化はアジア、とりわけタイやベトナムなどの東南アジアでは根付いた食文化といえる。その延長線上で、肉・魚や野菜を売る店がその場で、客の買った生鮮品を調理して質の高い食事を提供してくれるサービスも珍しくはない。そうした生鮮品の販売・調理サービスは最近「グローサラント」と呼ばれるようになった。

野菜や食肉など生鮮品を販売する「グローサリー」と「レストラン」を複合した造語である。

日本では高級食品スーパーの「成城石井」やデパートなどが実験店舗を展開し始めている。だが、最もホットな試みは中国で進んでいる。この連載でもたびたびご紹介しているアリババが展開する生鮮食品スーパー、「盒馬鮮生(フーマーシエンション)や中国のEコマース2番手の京東(ジンドン)系の「7Fresh」などが店内にフードコートを設け、購入したばかりの生鮮品を調理するサービスを提供しており、集客の目玉にもなりつつある。日本なら、せっかく買った高価な素材は自宅で丁寧に、家族好みの料理にしたい気持ちが働くが、同時に「おいしそうなものはすぐ食べたい」「家で調理するのは片付けも含めて面倒くさい」という心理も働いてしまう。

中国で広がる「グローサラント」は一見、生鮮食品の販促のための有償サービスのようにみえるが、少し掘り下げてみると、生鮮食品の「後工程」を生鮮スーパーが握ることで、顧客を巧みに誘導していることがわかる。

「この牛肉と野菜を使うとこんな料理ができます」という提案は、裏を返せば「この牛肉と野菜を売り切ってしまいたい」というスーパー側の意図でもあるからだ。その場で調理してもらわない顧客も湯気が上がり、おいしそうな香りを振りまく料理を横目でみれば、影響される。

アリババや京東は野菜や食肉を農家に委託生産しているほか、AI(人工知能)で肥育管理する養豚場、養鶏場や植物工場の展開にも乗り出している。自社で計画的に生産した生鮮食品をタイミングよく販売する、垂直一貫型の生鮮流通モデルを指向しているのは間違いない。アジアの伝統の「グローサラント」は、中国で新たなステージに入っている。その波は近代的な食品スーパーと西洋風料理が庶民レベルにまで入り込み始めた東南アジア、インドにも確実に広がるだろう。

後藤 康浩(ごとう・やすひろ) 亜細亜大学 都市創造学部教授 早稲田大学政経学部卒、豪ボンド大学MBA取得。1984年日本経済新聞社入社、国際部、産業部のほかバーレーン、ロンドン、北京などに駐在。編集委員、論説委員、アジア部長などを歴任した。2016年4月から現職。アジアの産業、マクロ経済やモノづくり、エネルギー問題などが専門

次の記事

後藤康浩

マレーシアで1957年の独立以来、初めての政権交代が起きた。それだけで驚きのニュースだが、万年与党を破った野党の新首相が1981年から2003年まで首相を務めた後、引退していた…

前の記事

後藤康浩

この連載の昨年12月号で、中国の小売り業界で起きているイノベーションをご紹介した。それからまだ4カ月もたっていないが、中国ではさらに進化が起きている。まず、アリババの…

関連記事

後藤康浩

香港のことを考えると誰しも感傷的になる。香港は世界でも比肩するもののない特別なまちだからだ。旅行、出張、留学、就職、トランジットなど目的は違っていても、香港の空港(…

後藤康浩

アジアの新型コロナウイルス感染はピークを越えた。第二波、第三波の感染拡大のリスクはあるにせよ、平時に向かっているのは間違いない。だが、別の深刻な問題が日本企業に迫っ…

後藤康浩

中国には山査子(さんざし)を串に4~5個刺して、飴(あめ)で固めた「糖葫芦(タンフールー)」という素朴な駄菓子がある。冬の北京や中国・東北部の街中で見かける庶民の味。個人…