日商 Assist Biz

更新

新型コロナウイルス感染症に負けないぞ!各地商工会議所が取り組む地域を元気づける新型コロナウイルス感染症対策事業

にぎわい創出・地域盛り上げなどの事業(ドライブインシアター、イベント開催など) 27件

札幌商工会議所(北海道、岩田圭剛会頭・岩田地崎建設)

同所は、11月5日まで、商店街元気回復!キャンペーンとしてSNSフォトコンテストを開催する。Instagram(インスタグラム)やTwitter(ツイッター)の公式アカウントをフォローして、札幌市内の6商店街(発寒商店街、北24条商店街、平岸中央商店街、南平岸商店街、真駒内商店街、石山商店街)で、「元気」をテーマとした「人物」や「風景」写真を撮影の上、「撮影商店街名」を記載し「#商店街元気回復」のタグ付けして投稿する。 投稿された写真は、“いいね”の数で評価され、「人物・風景部門「いいね」賞」として、各部門上位の15人に「GooglePlay・AppleStoreギフトカード3千円分を、また「商店街特別賞」として商店街ごとの選考により、各3人(計18人)に5千円分の商店街ギフトがプレゼントされる。

https://www.sapporo-cci.or.jp/web/events/details/post-695.html

釧路商工会議所(北海道、栗林定正会頭・三ツ輪運輸)青年部(釧路YEG)

同所青年部(釧路YEG)は、車に乗ったまま映画や地元の食を楽しむイベント「たの・うま・ベイ フェスティバル ドライブインシアター」を7月23~25日に開催する。会場となる釧路港耐震旅客船ターミナルには、釧路ザンギやソフトクリームなどを販売する出店約10店が並び、1台5000円の費用を支払うと、飲食ブースで使用できる4000円分のチケットとお土産が特典として付く。申し込みは10日まで

https://www.facebook.com/釧路商工会議所青年部-100864403378657/

根室商工会議所(北海道、山本連治郎・ヤマレン)青年部創陽クラブ

同クラブは8月29日、根室の短い夏の思い出として、子どもたちに「笑顔」と「感動」と「わくわく」を届けるイベント「8・29おうちで花火わくわくプロジェクト」を実施した。コロナ禍により根室市内でも数多くのイベントや行事などが、新型コロナウイルス感染拡大防止策の一つとして中止となっており、同青年部の活動も3月から自粛、中止してきた。 このほど同クラブでは。新型コロナウイルスの感染拡大防止に十二分に配慮し、さらに「新北海道スタイル」「新しい生活様式」と取り入れた事業として本イベント実施した。

https://www.facebook.com/829おうちで花火わくわくプロジェクト-227940548647978/

青森商工会議所(青森県、若井敬一郎会頭・青森魚類)青年部

同所青年部(青森YEG)は、地元のまちで遊び・食べて・楽しみ、まちの元気を取り戻そう!と「青森市民皆さんで出来る元気応援プロジェクト」を企画し、「あおもり地遊地食=サービス券」を市内の小学校で配布する。期間中に家族でサービス券に掲載されている店舗・施設で利用すると、小学生無料などの特典がある(同伴の大人は有料)。また、サービス券にスタンプを押してもらい、全9カ所分を集めて応募すると、抽選で30人にお菓子などが入った「福袋」が当たる

https://aomori-yeg.jp/jiyujishoku

大船渡商工会議所(岩手県、米谷春夫会頭・マイヤ)

同所などで組織された三陸・大船渡夏まつり実行委員会は、このほど8月6、7日に夏の一大イベントである「三陸・大船渡夏まつり」を2年ぶりに開催することを決めた。新型コロナウイルス感染対策を徹底し、花火大会に「エリア指定席」「パーキングビューエリア」を設け、ステージイベントなどは行わない。販売チケットは県内在住者に限定し、花火大会などのイベント会場には、購入者のみ入場できる。飲食・露店ブースは設けず、屋内での飲食完結を求める。

http://ofunatocci.or.jp/?page_id=2590

郡山商工会議所(福島県、滝田康雄会頭・東北アルフレッサ)青年部(郡山YEG)

同YEGと郡山市内の企業および団体などでつくる実行委員会は8月14日と15日の2日間、市内のカルチャーパーク第4駐車場で、車に乗って巨大なスクリーンで映画を楽しむイベント「ドライブインシアターふくしま」を初開催する。当日は、午後6時から子ども向けの作品を、午後8時からファミリー層向けの作品を400インチの巨大スクリーンに投影し上映する予定。飲食物はドライブスルー方式に加え、関係者がワゴンで車を回って販売するなど、来場者同士が近づかないような対策を徹底する

https://driveintheater-f.com/

長岡商工会議所(新潟県、丸山智会頭・新潟県米菓工業協同組合)

同所が構成メンバーの「越後長岡」観光振興委員会は、長岡市民を対象に、宿泊施設での宿泊料金の割引などを行う「市内宿泊・日帰り旅行応援キャンペーン」の予約の受け付けを6月17日からスタート。同キャンペーンは、1人3000円以上の宿泊や日帰りプランを利用した場合、1人につき5000円を上限に半額を割引するというもの。利用期間は、令和2年6月20日~8月31日

下諏訪商工会議所(長野県、小林秀年会頭・イングスシナノ)青年部(下諏訪YEG)

同所は、9月20日と21日の夜、車に乗ったままスクリーンの映画を鑑賞する「夜空のドライブインシアター」を下諏訪町の赤砂崎公園で開いた。新型コロナウイルス感染症の影響で諏訪地域のイベント中止が相次ぐ中、子どもたちに特別な体験をしてもらおうと企画したもので、多くの家族連れが車内で映画館の雰囲気を味わった

水戸商工会議所(茨城県、大久保博之会頭・リリー文化学園)

同所は11月21日、第45回水戸商工祭「秋の商工マルシェ」を、リリーアリーナMITOで開催する。今年の商工祭は「秋の商工マルシェ」として開催。グルメブースに物販・PR、体験ブースなどが設けられ、大人から子どもまで楽しめる。また、新型コロナウイルス感染対策のため、来場時のマスクの着用や「いばらきアマビエちゃん」登録への協力も呼び掛けている。

https://www.jcci.or.jp/news/local-front/2020/1104143654.html

水戸商工会議所(茨城県、大久保博之会頭・リリー文化学園)

同所は、10月の毎週金・土・日にチケットを利用した食べ歩きイベント「Eatjoy Mito」を開催する。 本事業は新型コロナウイルス感染症対策振興事業として、同所会員の飲食提供店を応援することを目的に企画されたもの。1枚900円相当のチケット(4枚つづり3600円で販売)を使用し、チケット1~2枚で各店の個性溢れる「店内joyセット」または「テイクアウトjoyセット」を楽しめる。

https://mito.inetcci.or.jp/eatjoy/

日光商工会議所(栃木県、相良芳隆会頭・相良建設)

同所は「がんばれ日光!応援プロジェクト」としてコロナ禍の中、3密を回避した三つのイベントを、9月1日から2021年2月28日の間で実施する(イベントにより実施日程が異なる)。 9月1日から2月28日まで実施する「探せ 徳川埋蔵金」は、日光の名所旧跡をクイズ方式で巡るイベントで、各クイズポイントが高い方から抽選で3人に純金小判を、副賞に日光小判饅頭を進呈する。 9月1日から11月28日まで実施する「NIKKO-DONグランプリ」は、 日光の食材を使ったオリジナル丼を各飲食店で創作し、グランプリを競うもの。各飲食店の丼ブリを3件食べてグランプリに投票すると日光特製御朱印が進呈される。 9月1日から11月30日まで実施する「遊びつくせ!日光わくわくチケット」は、チケット3000円分を購入すると3500円分利用でき、参加店からの特典もつくお得なイベントだ。

https://nikkocci.wixsite.com/fight-nikko

越谷商工会議所(埼玉県、井橋吉一会頭・イハシ)青年部

同所青年部(越谷YEG)は、現在の状況を打破し、地域を盛り上げたいと「シークレット花火・越谷応援」プロジェクトを企画。越谷の商工業者、企業、店舗に対して、市民が応援、エールを送り、集まった分の声を花火に変えて、越谷市内のどこかで打ち上げる。応援が多ければ多いほど打ち上がる花火が多くなるという。この企画を通して、地元商工業の発展と地域の価値を向上させ、にぎわいをつくりだす

http://koshigaya-cci-yg.com/

横須賀商工会議所(神奈川県、平松廣司会頭・かながわ信用金庫)

同所は、横須賀市内の飲食店・生産者が一堂に会する販売会「ヨコスカイチバン テイクアウトマルシェ」を6月20日に同所で開催する。コロナ禍で経営が厳しい事業者の支援を目的としたもので、飲食店16店がテークアウト用の弁当と総菜を販売する(限定1000個)ほか、横須賀野菜や地魚も販売。弁当を購入した人先着300人には横須賀野菜をプレゼントする。

https://yokosukacci.com/update/2021/06/post-22.html

袋井商工会議所(静岡県、水谷欣志会頭・サンワNETS)

同所は6月30日まで、地域の商店を応援することを目的とした「ふくろい応援プロジェクト」の一環として「ふくろい応援スタンプラリー」を開催している。3店舗で各500円以上購入した上で専用フォームから申し込むと、抽選で30名の方に、最大3000円相当の袋井商工会議所推奨品が当たる。

https://fukuroi-ouen.com/information/1264/

甲府商工会議所(山梨県、進藤中会頭・山梨中央銀行)

同所が出資し、同所の進藤会頭が代表社員を務めるまちづくり会社「LLCまちづくり甲府」は、甲府市などとともに、国土交通省の新型コロナウイルス感染症の影響を受ける飲食店などを支援する緊急措置として、地方公共団体と地域住民・団体などが一体となって取り組む沿道飲食店などの路上利用の占用許可基準を緩和されたことを受け、“甲府まちなかテラス”を7月1日から14日まで実施中。社会実験として行われる本事業(甲府まちなかテラス@銀座通り)では、3密を避けて気軽に飲食などを楽しむ場の創出と、公共空間の新たな使い方やニーズを把握するため、歩道の一部に椅子・テーブル・ワゴンを出し、飲食などを提供する。出店数は15店舗で、昼は11時~ 14時、夜は17時30分から22時までの実施。同所では「3密を避けてまちなかテラスでの飲食を楽しみましょう!」と利用を呼び掛け、同事業を支援している。

https://www.genkinamachi-kofu.com/2020/07/02/135/(LLCまちづくり甲府のホームページ)

中津川商工会議所(岐阜県、杉本潤会頭・美濃工業)/熊野商工会議所(三重県、榎本正一会頭・牟婁合同運送)

両所は11月20日から25日までの6日間、お互いの地域の特産品を販売し合う「地域の自慢!!交流市」を実施する。本事業は、新型コロナウイルスの感染拡大により消失した需要を回復させ、地域経済の活性化を図るため、観光(旅行)しなくても他地域の特産品が購入できるよう、中津川商工会議所と熊野商工会議所が連携し、それぞれの地元商業施設の協力の下、特産品を販売し合う物産展。また、この物産展により両市民が両市の特産品の魅力を知ることで、さらなる交流事業の促進や観光誘客のきっかけとすることも目的としている。

http://www.kumano-cci.com/news/sozai/20201120-1125koryuichi.pdf

大府商工会議所(愛知県、鬼頭佑治会頭・協和工業)青年部(大府YEG)

同青年部は、新型コロナウイルス感染症の影響で苦境に立つ事業者を支援するとともに、市民に元気を届けるため2020年12月20日に、スギ薬局を展開するスギホールディングスの協力を得て、同本社敷地内で事業を開催した。同事業は昼夜二部構成で、昼の部は市内の飲食店の弁当や焼き菓子、キッチンカーなどを数多く集めた「ランチマルシェin大府」。夜の部は、車に乗ったまま映画を楽しむドライブインシアター「ドライブインフェスティバルOBU冬の陣」を実施した。

敦賀商工会議所(福井県、有馬義一会頭・敦賀海陸運輸)

同所は、同所が事務局を務める敦賀市商店街連合会と連携して、敦賀市中心市街地の商店街でのスタンプラリーを実施し、いち早く地域の消費活動と経済活動を応援しようというキャンペーンを展開中。「新たな生活様式“リスタート”応援キャンペーン」と題したこの企画には、同連合会加盟の市内6商店街(相生商店街振興組合・敦賀駅前商店街振興組合・敦賀市神楽一丁目商店街振興組合・敦賀市本町1丁目商店街振興組合・敦賀市本町2丁目商店街振興組合・博物館通り商店街繁栄会)から飲食店、物販店、サービス業など90を超える店舗が参加している

https://www.syoutengai-shien.com/syoutengai/nws-5955/

武生商工会議所(福井県、山本仁左衛門・カラヤ)青年部

同所青年部(武生YEG)は8月15日、エコキャンドルにて巨大キャンドルアートを作成し、新型コロナウイルスの影響で沈んだ地域に元気を届ける『武生YEGエール!』~#越前がんばろっさ~を実施した。6~7月にかけて市内小中学校や市内各施設などでメッセージ入りの紙コップを募集し、市内飲食店から回収した廃油をその紙コップの中に入れ、市民の願いや祈りが書かれた約8400個のエコキャンドルを作成。また、武生東高校書道部の生徒が書いたメッセージであんどんも作成し、キャンドルアートとともに会場となった武生中央公園内をやさしく灯す演出を行った。本事業は、感染症拡大防止のため、開催日時を非公開とし、国の感染防止ガイドラインに則り実施した。

守山商工会議所(滋賀県、大崎裕士会頭・大崎設備工業)

同所は、守山市内の飲食店で「3密と衛生対策と予防」を実施している店舗を団体で利用すると、割引が受けられる「市内の飲食店に行って割引を受けよう!」を実施中。5人以上20人未満の利用で10%、20人以上の利用で20%の割引となる

http://moriyama-cci.or.jp/3mitsu-eat/entry.html

松江商工会議所(島根県、田部長右衛門会頭・山陰中央テレビジョン放送)

同所は、売り上げが低迷している松江市内の飲食店の活性化を図ることを目的とした「松江市GENKI夜市」を実施。市民が飲食店へ出やすくなるように、期間中に対象飲食店で使用できるお得なプレミアムチケットを発行する。また、本キャンペーンの開催に合わせ6月26日にはキックオフイベントを開催。プレミアムチケットを購入すると生ビールを1杯無料でサービスするほか、ソーシャルディスタンスの確保などの感染症対策を行いながら、屋台での飲食販売をする

https://www.genkiyoichi.com/

大田商工会議所(島根県、齊藤会頭・斎藤文具店)

同所は11月8日、「おおだぐるめまつり」を同所駐車場で開催する。本イベントでは、地元を代表する14店舗・団体が運営する飲食ブース(アルコール販売はなし)や、今話題の大田のアナゴのつかみ取りや丼も提供するPRブース(つかみ取りも可能)が並ぶほか、子どもたちによる石見神楽、大田警察署の協力によるパトカーと白バイの展示(乗車体験も可能)も行われる。当日は新型コロナウイルスの感染防止策として、受付で検温、手指消毒、来場登録(連絡先・氏名の記載・記名)などを行い、さらに来場時のマスク着用、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のインストールなどを呼び掛けている。

http://www.ohdacci.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=537

出雲商工会議所(島根県、三吉庸善会頭・出雲木材市場)

同所はこのほど、「出雲食べ飲み歩きスタンプラリー2021」を8月31日まで開催している。万全のコロナ対策をしている安全安心な飲食店だけを対象店舗とすることで、安心して来店してもらえるよう配慮する。1回につき500円(税込み)以上の飲食またはテークアウトを利用した場合に1スタンプとしてカウント。会計時にレジで提示されるQRコードを読み取り、必要事項を入力後に送信する。スタンプ5個(5店舗分)集めると、抽選で300人に参加店舗で使える3000円分の共通食事券をプレゼント。応募は何回でも可能だ。

https://www.izmcci.or.jp/seminar_event/Stamp%20rally

小野田商工会議所(山口県、藤田敏彦会頭・富士商)

同所は、8月15日夜に実施したサプライズ花火「Secret Fireworks プロジェクト」のもようをドローンで撮影した動画をYouTubeで配信している。同事業は、新型コロナウイルスの影響により各地の祭りや花火大会の多くが中止・延期となる中、「夜空を見上げて一瞬でも明るい気持ちになってほしい。未曽有の逆風に負けず、前に進んでほしい!」との思いを込めて実施。人が集まらないよう場所などは告知せず、ライブ配信を行った。公開中の動画は、同シークレット花火に小野田のまちの風景などの映像を加えて編集。花火を上から撮影した映像なども楽しめる。

https://www.youtube.com/watch?v=m4ZjeCjLYJA

有田商工会議所(佐賀県、深川祐次会頭・香蘭社)

同所は、昨年大好評だった「Web有田陶器市」を4月29日から5月5日まで開催する。

新型コロナウイルスの影響で昨年に引き続きWeb特設サイトを開設。今回は162の事業所が参加し、福袋や春の新作など、Web限定のよりすぐりの逸品やお買い得商品を集め、昨年以上の充実したラインナップとする。サイトに掲載する商品の魅力を最大限に引き立てるため、専門家による商品の撮影技術やスタイリングの指導も実施した。

鹿児島商工会議所(鹿児島県、岩崎芳太郎会頭・岩崎産業)青年部(鹿児島YEG)

同YEGは、鹿児島城(鶴丸城)跡に復元された御楼門を生かした街歩き地図の制作を開始した。新型コロナウイルスの影響で苦境に立つ観光業界を支援する「よかとこ再発見!ゆくさ かごっまプロジェクト」の一環で、会員の意欲向上と地域貢献を両立させようと企画したもの。

宮古島商工会議所(沖縄県、下地義治会頭・共和産業)

同所は、新型コロナウイルスの感染拡大防止による外出自粛などで、多大な影響を受けている飲食業(居酒屋、食堂、ケーキ屋、アイスクリーム屋など)への支援を行うとともに、関連する小売業や卸売業、運送業などへの二次的な経済波及効果を高めるため、“まわろう!まもろう 島のみせ”の掛け声の下、「Go!(ゴー)5→(ゴー)フードラリー」事業を展開、島内の経済活動サイクルの再起動を図っている。同事業では、誰でも手軽に参加できるスタンプラリーを実施。スタンプカード完成時には友好交流都市の物産品や参加事業所の商品券、子ども商品などの目玉景品を付与し、緊急事態宣言後も外出を自粛する傾伺にある市民の購買意欲・消費意欲を刺激し、市民の参加意欲を高めることも目的となっている。令和3年2月21日まで実施。

https://go5-foodrally.com/