日商 Assist Biz

更新

真壁昭夫の経済底流を読み解く 世界的なインフレの芽と 政治情勢

3月15日、米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は、連邦公開市場委員会(FOMC)後に予想通り0・25ポイントの利上げを実施した。それと同時にFRB関係者は、2017年にあと2回の利上げの可能性を示した。大局的に世界経済を見渡すと、徐々にインフレ上昇の萌芽(ほうが)が膨らんでいるようだ。

昨年の前半、世界経済の先行き期待は低下した。原油価格の下落や欧州の大手金融機関の株価下落などが世界各国の景況感を悪化させた。そして、金融市場では先々、世界の需要が低迷し、物価も上がりづらい環境が続くとの見方が増えていた。しかし、昨年の夏場を境に、世界の経済状況は少しずつ変化してきた。

中国では財政出動による景気刺激策から生産者物価を中心に物価は上昇している。中国経済の安定を受けて、韓国などアジア新興国の物価も上向き基調だ。昨年11月の米国大統領選挙以降は、先行きへの期待が高まり、石油輸出国機構(OPEC)の減産決定から原油価格は上昇した。その結果、ユーロ圏では欧州中央銀行(ECB)が物価水準の目標とする2・0%まで消費者物価が上昇している。今後も物価が緩やかに上昇する可能性はある。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

真壁昭夫

3月中旬、ドイツで開催された20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の共同声明で、保護貿易主義に反対する文言が取り除かれた。その背景には、米国のドナルド・トランプ…

前の記事

真壁昭夫

トランプ政権の誕生に伴い、米国と中国の軋轢(あつれき)に懸念を持つ経済専門家が増えている。今年、中国の習近平国家主席は、自国の領土と権益を断固として守るとのメッセージ…

関連記事

真壁昭夫

世界経済は、新型コロナウイルスの感染再拡大懸念や、米中対立の鮮明化などによって回復への足取りが鈍くなっている。世界的な感染再拡大によって人の動き=動線が阻害され、各…

真壁昭夫

5G通信などのIT先端分野で米中の対立が先鋭化している。5月には米国政府が中国の通信機器大手ファーウェイへの制裁を強化した。また、これまで5G通信網整備のためにファーウェ…

真壁昭夫

今年6月14日、北海道を拠点とするスタートアップ企業である「インターステラテクノロジズ」が、観測用のロケット打ち上げを行った。若いエンジニアが集まり、コストを抑えなが…