日商 Assist Biz

更新

テーマ別企業事例 イスラム圏からの観光客を呼び込め

事例2 日本のおいしいきびだんごを世界の方々に食べてほしい

廣榮堂(岡山県岡山市)

ハラル認証商品は全8商品。元祖きびだんご、黒糖きびだんご、海塩入りきびだんご、白桃きびだんご、きなこきびだんご、玄米きびだんご、紅白きびだんご、むかし吉備団子。

お土産では珍しいハラル対応にチャレンジ

安政3(1856)年に創業し、岡山名物「元祖きびだんご」で有名な老舗の菓子店廣榮堂。同社は平成26年12月、きびだんごなど、主力8商品に対してハラル認証を取得した。いくつかハラル認証機関がある中で、同社はドバイへの和牛輸出などで実績がある宗教法人日本イスラーム文化センター(本部=東京)から認証を受けたという。

きっかけは昨年9月、岡山県中小企業団体中央会から、「東南アジアイスラム文化市場対応商品開発支援事業」への案内を受け、参加したことから、早速取得しようと社内数人で動き出した。 「例えば、梅肉と書いてあるけれど、『これは豚肉ではないのか』と言われたりもします。イスラム圏の人からすると日本語表記には独自のものがあり、判別が難しいわけです。ハラル認証を取得し、マークがあれば、そういうことを気にせず食べてもらえる。来日されるムスリムの方に、安心しておいしいきびだんごを召し上がっていただける機会が増えればと考えました」(伊東さん)

スタッフの意識を同じ方向に向けることが大切

ハラル認証を取得するには「原材料の安全性を証明する」「つくる工程をハラルの基準にする」「人材育成」の三つを実施する必要があった。「ハラル認証は、宗教的な禁止事項だけではなく衛生面、品質面でも安全なものでなければいけない。そこをクリアにするための作業からスタートさせました」と伊東さんは振り返る。

「まずは原材料です。もともときびだんごは江戸末期の植物性の食べ物。使用しているのは、きび、もち米、黒糖など植物由来のものばかり。ですから原材料には、特に問題はありませんでした」

次は「つくる工程」だ。認証機関の担当者が製造ラインに審査に訪れ、清潔で安心できるシステムであることを確認。問題なくクリアできたという。

「新規の設備投資が必要なかったのは幸いでした」

最後に「人材育成」。これが廣榮堂として最も力を入れた施策だ。いったん完全に工場をストップさせ、製造スタッフと営業担当者を集めて研修を実施した。そこでは「なぜ、何のために、廣榮堂がハラル認証を取得するのか」から始まり、イスラム文化やイスラム教徒について研修を行った。

「イスラムといっても何かわからないという印象を持つ従業員もいたと思います。でも、研修後、偏見を持たないことの大切さが分かったと言ってくれました。スタッフの意識を同じ方向に向けることも認証取得には大切なことだと思います」

ハラル認証を取得した商品にはマークを貼り、分かりやすくしている。導入して間もないので、まだどの程度の効果があるかは定かでない。しかし、「日本伝統のお菓子を世界へアピールし、発信する好材料になることには間違いない」と確信している。

会社データ

団体名:株式会社廣榮堂

住所:岡山県岡山市中区藤原60番地

電話:086-271-0001(代)

代表者:武田 浩一 代表取締役社長

創業:安政3(1856)年

従業員:140人

※月刊石垣2015年4月号に掲載された記事です。

次の記事

テーマ別企業事例 地域の食材を生かせ 農業・水産業との連携戦略

有限会社大橋さくらんぼ園/佐藤食品株式会社/株式会社ぶどうの木/福井中央魚市株式会社

地域ならではの優れた食材を活用し、独自の技術とアイデアで販路を切り開き売上を伸ばしている地域密着型の企業がある。各企業が挑む販路開拓への...

前の記事

テーマ別企業事例 今後ますます拡大 アクティブシニア市場を開拓せよ!

株式会社エムダブルエス日高/株式会社マーマ食品/M2Mテクノロジーズ株式会社

アクティブシニアとは全国で約700万人いる団塊の世代を中心に、自分なりの価値観を持ち、年齢に関係なく仕事や趣味に非常に意欲的で、社会に対して...

関連記事

テーマ別企業事例 清潔・安心・安全が商売繁盛の基本になる! 職場のクリーン大作戦 無料会員限定

株式会社レリック

ビジネスの現場では、アフターコロナを見据えた新たな取り組みが始まっている。その前提として、職場を清潔・安心・安全な環境に保ち、社員や顧客...

テーマ別企業事例 ウィズコロナの新ビジネス戦略 現状を打破する越境ECで販路を開く 無料会員限定

ゼンマーケット株式会社/有限会社志津刃物製作所/株式会社カネタ・ツーワン/鯖江商工会議所/ダイレクト株式会社

コロナ禍における厳しい現状を打破する手段として、オンラインで海外に商品を売る越境EC(電子商取引)が注目を集めている。特に地方の企業や小規...

テーマ別企業事例 多彩な取り組みで地方創生を進める 「徳島県モデル」に迫る!

阿波池田商工会議所

2020年に初めて、東京からの転出者が転入者を超えた。働き方改革がある程度浸透したことに加え、昨年来のコロナ禍の影響で企業のテレワーク導入な...