現代に息づく職人技 「組みひものネクタイ」

絹糸を組み上げてつくられたネクタイには独特な質感と立体感があり、胸元を華やかに演出します 撮影:加藤正博

今月は、伊賀で受け継がれている組みひもづくりの技術を生かした、美しい絹のネクタイをご紹介します。

中国大陸から持ち込まれた組みひもは、古くは仏具や武具などの装飾に用いられてきました。しかし、明治維新以降は帯締めとしての需要が増え、現在も和装の装飾品として重用されています。

伊賀における組みひもづくりは明治35年、初代廣澤徳三郎がその技術を東京から持ち帰り、開業したことで地域に根付きました。絹糸を使った複雑な模様の帯締めは、高台(たかだい)と呼ばれる大掛かりな組み台を用いて組み上げられます。繊細な色彩や絹糸のつややかな光沢が美しく表現された逸品は、皇室からも愛されています。

廣澤徳三郎工房では、伝統的な帯締めのほか、組みひもづくりの技術を応用した日常生活に取り入れやすい商品を展開しています。「洋」の色合わせにこだわった組みひものネクタイは、一味違うおしゃれを楽しみたい人に選ばれています。

次の記事

現代に息づく職人技 「土佐打刃物」

迫田刃物(高知県須崎市)

今月は、高知県の地場産業として伝統的な製法を受け継いでいる、土佐打刃物の包丁をご紹介します。

前の記事

現代に息づく職人技 「枕崎の本枯れ節」

枕崎水産加工業協同組合(鹿児島県枕崎市)

今月は、枕崎市で今なお伝統的な製法を守ってつくられている最高級のかつお節・本枯(ほんか)れ節(ぶし)をご紹介します。

関連記事

現代に息づく職人技 「琥珀ボールペン」

久慈琥珀(岩手県久慈市)

今月は、久慈市の特産品である赤みの強い琥珀(こはく)を用いたボールペンをご紹介します。

現代に息づく職人技 「SAMURA-IN(MOLATURA)」

中村製作所(三重県四日市市)

チタンを丁寧に削り出してつくられた「印鑑」をご紹介します。

現代に息づく職人技 「讃岐かがり手まり」

讃岐かがり手まり保存会(香川県高松市)

香川県の西部・西讃(せいさん)地方に伝わる郷土玩具、草木染めの「讃岐かがり手まり」をご紹介します。