現代に息づく職人技 「土佐打刃物」

一つひとつ丁寧に打ったこだわりの製品を長く愛用してもらうため、研ぎ直しサービスも行っています 撮影:加藤正博

今月は、高知県の地場産業として伝統的な製法を受け継いでいる、土佐打刃物の包丁をご紹介します。

武士が活躍した鎌倉時代後期、大和国から土佐に移り住んだ刀工によって刃物の製法が伝えられ、この地に深く根付いたのが土佐打刃物の始まりです。刀剣としてだけでなく、農・林業用の道具としても必要とされ、その生産技術が向上。江戸時代初期に、現在の製法が確立されました。

大量生産される刃物は「プレス抜き」が一般的です。一方、土佐打刃物は、あらかじめつくられた型を用いない「自由鍛造(たんぞう)」という手法で製作。全て手づくりのため、高い技術を要しますが、使う人の要望に応じたさまざまな刃物を打ち出すことができ、二つとないこだわりの逸品をつくりあげているのです。

昭和48年に創業した迫田刃物の二代目・迫田剛さんは、品質管理の徹底や技術の向上などさまざまな挑戦を続けている名工。また、技術を守る後継者育成にも力を注いでいます。

次の記事

現代に息づく職人技 「小田原ちょうちん」

山崎提灯店(神奈川県小田原市)

今月は、小田原を代表する土産品として全国的に知られる、小田原ちょうちんをご紹介します。

前の記事

現代に息づく職人技 「組みひものネクタイ」

廣澤徳三郎工房(三重県伊賀市)

今月は、伊賀で受け継がれている組みひもづくりの技術を生かした、美しい絹のネクタイをご紹介します。

関連記事

現代に息づく職人技 「琥珀ボールペン」

久慈琥珀(岩手県久慈市)

今月は、久慈市の特産品である赤みの強い琥珀(こはく)を用いたボールペンをご紹介します。

現代に息づく職人技 「SAMURA-IN(MOLATURA)」

中村製作所(三重県四日市市)

チタンを丁寧に削り出してつくられた「印鑑」をご紹介します。

現代に息づく職人技 「讃岐かがり手まり」

讃岐かがり手まり保存会(香川県高松市)

香川県の西部・西讃(せいさん)地方に伝わる郷土玩具、草木染めの「讃岐かがり手まり」をご紹介します。