日商 Assist Biz

更新

現代に息づく職人技 「小田原ちょうちん」

使用している和紙の耐久性が高く、しなやかで丈夫な構造となっているため、小田原ならではの思い出の品として長く楽しめる逸品です 撮影:加藤正博

今月は、小田原を代表する土産品として全国的に知られる、小田原ちょうちんをご紹介します。

江戸時代の中頃、ちょうちん職人・甚左衛門(じんざえもん)により生み出されたと伝えられる小田原ちょうちん。東海道中最大の難所といわれた箱根峠に挑む旅人のために、「三徳」と呼ばれる三つの特徴を備えています。一つ目は、畳んだときに胴にあたる和紙の部分がふたの中に収まり、懐中にしまえること。二つ目は、中骨の竹ひごが太く平たいため胴紙との接着面が広く、雨や霧がしのげるほど丈夫であること。三つ目は、上下のふたが大雄山最乗寺の霊木でつくられていること。当時、箱根を越える旅人にとって小田原ちょうちんは、夜道を明るく照らすだけではなく、魔除けのお守りでもあったのです。

明治初期に創業した山崎提灯店の四代目・山崎勇さんは、昔ながらの手法で文字や紋まで手描きで仕上げています。今では旅の携行品としての需要は減りましたが、結婚式のような祝いの場で多く用いられています。

次の記事

現代に息づく職人技 「水引のたる飾り」

喜久優(長野県飯田市)

今月は、長野県飯田市の伝統工芸品・飯田水引(みずひき)を用いた、たる飾りをご紹介します。

前の記事

現代に息づく職人技 「土佐打刃物」

迫田刃物(高知県須崎市)

今月は、高知県の地場産業として伝統的な製法を受け継いでいる、土佐打刃物の包丁をご紹介します。

関連記事

現代に息づく職人技 「琥珀ボールペン」

久慈琥珀(岩手県久慈市)

今月は、久慈市の特産品である赤みの強い琥珀(こはく)を用いたボールペンをご紹介します。

現代に息づく職人技 「SAMURA-IN(MOLATURA)」

中村製作所(三重県四日市市)

チタンを丁寧に削り出してつくられた「印鑑」をご紹介します。

現代に息づく職人技 「讃岐かがり手まり」

讃岐かがり手まり保存会(香川県高松市)

香川県の西部・西讃(せいさん)地方に伝わる郷土玩具、草木染めの「讃岐かがり手まり」をご紹介します。