日商 Assist Biz

更新

現代に息づく職人技 「べっ甲細工のかんざし」

日本髪用のみならず、現代風に結い上げた髪を引き立たせるデザインのものも、近年では人気があります 撮影:加藤正博

今月は希少価値が高いべっ甲細工のかんざしをご紹介します。

「べっ甲」は熱帯地方の海に生息する「タイマイ」と呼ばれる海亀の甲羅を利用してつくります。そのため、国内では原料が入手できません。そんなべっ甲を使った「べっ甲細工」は、鎖国していた江戸時代の唯一の貿易港であった長崎に、その原料と技術が伝わり、発展しました。黄色に黒や茶色の斑点模様のあるのがべっ甲の特徴で、特に黄色部分の多いものが〝上物〟として珍重されました。

300年余りの歴史を誇る江崎べっ甲店は、代々伝統の技を継承しつつ、時代にマッチした品をつくってきました。かんざしをはじめとして、ブローチ、ペンダント、眼鏡フレーム、カフス、タイ留めなど、艶やかな輝きの中にも自然素材ならではのぬくもりが伝わってきます。

かんざしにちりばめられた繊細な透かし彫りは、きりで穴を開け、極細の糸のこで1カ所ずつ彫り進めた、まさに職人技の極致です。

次の記事

現代に息づく職人技 「本場結城紬 眼鏡ケース」 無料会員限定

奥順(茨城県結城市)

今月は、独特の趣がある本場結城紬(ゆうきつむぎ)の眼鏡ケースをご紹介します。

前の記事

現代に息づく職人技 「かや野菜袋」 無料会員限定

井上企画・幡(ばん・奈良市)

今月は蚊帳(かや)生地の特性を生かした野菜袋をご紹介します。

関連記事

現代に息づく職人技 「琥珀ボールペン」

久慈琥珀(岩手県久慈市)

今月は、久慈市の特産品である赤みの強い琥珀(こはく)を用いたボールペンをご紹介します。

現代に息づく職人技 「SAMURA-IN(MOLATURA)」

中村製作所(三重県四日市市)

チタンを丁寧に削り出してつくられた「印鑑」をご紹介します。

現代に息づく職人技 「讃岐かがり手まり」

讃岐かがり手まり保存会(香川県高松市)

香川県の西部・西讃(せいさん)地方に伝わる郷土玩具、草木染めの「讃岐かがり手まり」をご紹介します。