日本の美景 震災を乗り越え復興への希望をつなぐ鉄道

三陸鉄道 写真提供:三陸鉄道株式会社

岩手県の三陸海岸に沿って、北と南の2本のリアス線が走る三陸鉄道は、東日本大震災で甚大な被害に遭い、全線で不通となりました。しかし、わずか5日後には北リアス線の一部で運転を再開。その後も順次再開し、沿線住民の貴重な足として復興を支えました。

昨年4月、ついに全区間が復旧。今も津波の爪痕は残っていますが、着実に未来に向けて進む姿は、沿線住民を励まし続けています。

次の記事

日本の美景 歴史ある伏見の水路を彩る「春の錦」の柳と桜

京都府 京都市伏見区

京都・三条駅〜大阪・淀屋橋駅をつなぐ京阪本線の沿線には、史跡と桜の名所が数多くあります。その一つ、伏見の濠川は、豊臣秀吉が伏見城を築城す...

前の記事

日本の美景 雪化粧した山並みに映える一筋の赤い列車

長野県 中野市

美しい容姿から「高井富士」と称される高社山は、寒さの厳しい冬になると、裾野まで一面の雪に覆われます。地元では〝たかやしろ〟とも呼ばれてお...

関連記事

日本の美景 旧澁澤邸

青森県 上北郡六戸町

星野リゾート青森屋の敷地内にひときわ目を引く幽玄な建物があります。日本経済の父と呼ばれる澁澤榮一の私邸として使われ、多くの会合などが開か...

日本の美景 飛騨の冬と人が生み出した白く輝く巨大な氷瀑

岐阜県 高山市

標高900mにある飛騨大鍾乳洞は、日本で最も高い場所に位置する観光鍾乳洞です。長い洞窟を探検家気分で楽しめるとあって通年で人気のスポットです...

日本の美景 新たな一年を告げる光が初空に奇岩を照らし出す

北海道 根室市

北海道の最東端に位置する根室市は、離島を除き、初日の出を日本で最も早く見ることのできる地として知られています。根室半島の中ほど、太平洋に...