日商 Assist Biz

更新

日本の美景 歴史ある伏見の水路を彩る「春の錦」の柳と桜

京阪電気鉄道京阪本線 写真提供:松本 洋一

京都・三条駅〜大阪・淀屋橋駅をつなぐ京阪本線の沿線には、史跡と桜の名所が数多くあります。

その一つ、伏見の濠川は、豊臣秀吉が伏見城を築城する際、建築資材運搬のためにつくらせた内陸の河川です。江戸時代には問屋や宿、酒蔵などが建ち並び、荷揚げ場として大変栄えました。

柳と桜をとりまぜた風景は、京織物のように美しく、当時の面影を色濃く残しています。

次の記事

岐阜県 美濃市

南アルプスの大日ヶ岳を源流とする長良川。木曽三川の一つで、名水百選に選ばれるほどの清流です。和紙を漉(す)いたり、鮎を養殖したり、古くからその清らかな水が流域で活用さ…

前の記事

岩手県 大船渡市

岩手県の三陸海岸に沿って、北と南の2本のリアス線が走る三陸鉄道は、東日本大震災で甚大な被害に遭い、全線で不通となりました。しかし、わずか5日後には北リアス線の一部で運…

関連記事

青森県 上北郡六戸町

星野リゾート青森屋の敷地内にひときわ目を引く幽玄な建物があります。日本経済の父と呼ばれる澁澤榮一の私邸として使われ、多くの会合などが開かれていた歴史的建造物「旧澁澤…

岐阜県 高山市

標高900mにある飛騨大鍾乳洞は、日本で最も高い場所に位置する観光鍾乳洞です。長い洞窟を探検家気分で楽しめるとあって通年で人気のスポットですが、冬になるともう一つの美…

北海道 根室市

北海道の最東端に位置する根室市は、離島を除き、初日の出を日本で最も早く見ることのできる地として知られています。根室半島の中ほど、太平洋に面した側に花咲岬はあります。…