日商 Assist Biz

更新

まちの視点 敗軍の将が語る教訓

地域から惜しまれつつ倒産したスーパー「やまと」

業界でも先んじて移動販売車を走らせて、移動の手段を持たない高齢者など〝買い物弱者〟のライフラインを守った店があった。店先に生ごみ処理機を設置して堆肥化、野菜づくりに活用するという循環型社会モデルを構築した店があった。率先してレジ袋の有料化を推進し、県全体をレジ袋有料化に導いた店があった。

さらには、ホームレスを雇用し、まちの明かりを消さぬためにシャッター通りとなった中心商店街へあえて出店するなど、損得より先に善悪を実践した独立系ローカル食品スーパーがあった。 これらは全て同一企業の取り組みだ。しかし、全て「あった」というように過去形で記さざるを得ない。

年末商戦の中突然の倒産

2017年12月のクリスマス商戦の最中、その店は突然105年という長い歴史にピリオドを打った。

1912年、山梨県韮崎市に鮮魚店として創業、後にスーパーマーケットに業態転換、最盛期には78億9200万円を売り上げたスーパー「やまと」である。

その商売の在り方は、競合他社の多くがうたう〝地域密着〟というありきたりな表現では言い尽くせないほど生活者本位であり、まさに〝地域土着〟ともいうべきものだった。経営者の小林久さんは三代目として39歳で事業承継、前例やしがらみにとらわれない経営により業績を伸ばし、冒頭のようにさまざまな地域貢献を実践していった。「誰かが喜ぶなら、迷わず即断即行」というのが小林さんの行動原理である。

また、若くして山梨県の教育委員長を務め、生徒本位の改革を進めた人物でもある。「やまとマン」という愛称で、弱きを助け強きをくじいてきた小林さんは多くの地域住民から愛されている。

しかし、近年は〝地域密着〟をうたいつつ進出してくる県内外の大手スーパーとの競合激化により業績は悪化。ピーク時には16あった店舗のうち不採算店を閉店しながら、不断の努力で回復基調にあった矢先の倒産劇だった。

直接の原因は、主力取引問屋による突然の納品ストップにあった。年末商戦を前に商品を止められては、店は続けられない。負債総額16億6900万円、およそ180人の従業員が職を失うこととなった。

業界への〝遺言〟

「敗軍の将は兵を語らず」とは、司馬遷によって編さんされた中国の歴史書『史記』の一節。戦いに敗れた者は、戦いの経緯や武勇について語る立場ではないという意味から、失敗した者が弁解がましく発言したりすべきではないという戒めとして知られる。

「しかし」と小林さんは言い、言葉を続けた。「経営者としては失格だった私が、この業界への〝遺言〟を記しておこうと思ったのです。私ができなかった地域への恩返しを、読んでいただいた誰かに、同じ過ちを繰り返すことのないように託したい」

そんな小林さんが上梓した書籍『こうして店は潰れた 地域土着スーパー「やまと」の教訓』は、まさに敗軍の将による回顧録にほかならない。

「逆境や絶望からよみがえった体験談ならいざ知らず、挫折した人間の思いかもしれません。ただ、そこにはいくばくかの真実もあります」と小林さんは言う。

実は全国的に見れば、やまとのように競合激化によって廃業に追い込まれる中小ローカル店は珍しい存在ではない。皆、お客さまのためにというポリシーの下競争した結果、地域の生活者から日々の食生活を支える店が消えていく事例は後を絶たない。

誰かが喜ぶなら迷わず即断即行というポリシーを貫いた、中小ローカルスーパー経営者の倒産ドキュメンタリーと教訓──そこには、当事者だから語れる〝生きた教訓〟がある。やまとの例は決して他人事ではない。

(商業界・笹井清範)

次の記事

栗菓子の老舗「竹風堂」

経済の浮沈は一企業の努力でどうこうできるものではなく、不況の波にのみ込まれる店もある。しかし、大波をしっかり乗り越える店があるのも事実だ。両者の違いは何だろうか。長…

前の記事

酒販売「渡辺商店」

熊本県菊池市は古くから米どころとして知られる農業の盛んな土地柄だ。この地で祖父の代から続く酒販店「渡辺酒店」の渡辺義文さんが家業に入ったのは24歳のときだった。福岡市…

関連記事

「家族の笑顔」をテーマに婦人服、子供服と雑貨を商う「COSUCOJI(コスコジ)」

創業13年目、埼玉・北浦和を拠点に5店舗を展開し、「家族の笑顔」をテーマに婦人服、子供服と雑貨を商う「COSUCOJI(コスコジ)」を営む小杉光司さんを久しぶりに訪ねたのは今年…

経済学者・思想家 ジャック・アタリ

「パンデミックという深刻な危機に直面した今こそ〝他者のために生きる〟という人間の本質に立ち返らねばならない」こう語るのは、ヨーロッパを代表する知性であり、フランスの…

栃木県のカメラ専門店チェーン「サトーカメラ」

日本の戦後商業の歴史は産業化、チェーンストア化の歴史でもあった。生活者の立場から日々の暮らしを豊かにする使命を掲げ、多くの商業者が“坂の上の雲”を目指して産業化、チェ…