日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 コロナ禍を照らしたイルミネーション 西日本編

コロナ禍の冬、各地商工会議所では、少しでもまちや人々の心を明るくしようとイルミネーション事業を企画し実施した。特集では、その中のいくつかを取り上げ、東日本編・西日本編の2回に分けて6件ずつ、全12件を紹介する。今回は、西日本編。東日本編はこちら

1・5キロの道を照らす

八日市(滋賀県)

数々の電飾で飾られた駅前ロータリー

八日市商工会議所青年部(滋賀県・八日市YEG)は2005年から始め、今回で16回目を迎えたイルミネーション事業「East Rainbow☆(イーストレインボー)」を、20年11月23日から21年2月19日まで実施した。近江鉄道八日市駅から東近江市役所までの約1・5キロメートルにわたる駅前グリーンロードの街路樹にLED電球を装飾した。

同YEGは、新型コロナウイルスの影響で自粛生活やイベントの中止などにより経済や気持ちが落ち込んだ今だからこそ、「光あふれる街」をテーマに本事業を企画。輝く光に多くの夢と希望を託し、一日でも早く今までの日常に戻れるよう願いを込めた。

会場となった駅前グリーンロード沿いにある滋賀県立八日市高校の校門前には、同校の美術部員が「夜のテーマパーク」をイメージして製作した観覧車やメリーゴーランドなどに電球を飾り付けたところ、足を止め撮影する市民の姿も見られた。

また、コロナ禍で苦境にあるにもかかわらず、166の企業・団体などから例年の約9割に当たる協賛金が寄せられ、さらに市の補助金も活用したことで、前年を上回る20万を超える電球が市民の心に明るい希望の灯をともした。

次の記事

セレクト地域短信 駅前の街路樹、光で彩る 官民一体で市民を笑顔に

広島県 三次商工会議所

三次商工会議所(広島県)は2020年11月28日から21年2月28日まで、JR三次駅前周辺地区をイルミネーションで彩る取り組みを実施した。同事業は、新型...

前の記事

セレクト地域短信 デリバリー利用で飲食店支援へ

群馬県 伊勢崎商工会議所

伊勢崎商工会議所(群馬県)は伊勢崎市や伊勢崎商工会、まちづくり活動団体まきばプロジェクトと連携し、「いせさきの飲食店を食べて!応援!キャ...

関連記事

セレクト地域短信 芍薬の切り花プレゼント 新たな観光資源の一つに

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿商工会議所(三重県)などで構成するSUZUKA産学官交流会では、市内在住者に抽選で市の特産品である「芍薬の切り花」をプレゼントするキャンペ...

セレクト地域短信 特産品を詰め合わせ オリジナルのギフトに

静岡県 掛川商工会議所

掛川商工会議所(静岡県)はこのほど、地場産品を販売する「これっしか処」と共同で、掛川市の特産品を自由に詰め合わせできるギフトセット「KORED...

セレクト地域短信 損保4社と包括協定 会員企業支援で提携

福岡県 大牟田商工会議所

大牟田商工会議所(福岡県)は、あいおいニッセイ同和損害保険、損害保険ジャパン、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険の損害保険会社4社...