日商 Assist Biz

更新

江連 忠のゴルフ講座 「スコアが必ずアップする」12のポイント Lesson11 重要なことは、スタート前の 心構えと下半身のストレッチ

〜 スタート前に行いたいマッサージとストレッチ 〜

かつての名プレーヤー、トニー・ペナ(※1)は「スタートホールは何事もなかったように静かにスタートしたい」と言っています。一方で、チチ・ロドリゲス(※2)は「1番ホールは単に18分の1ではなく、18分の18の勢いで迎えたい」と言っています。2人は全く違う考えをしているように思われるかもしれませんが、そこには共通点があるのです。つまり、心も体も技術も、なるべく普段どおりの状態でスタートしたいと考えているということです。スタートホールの出来は、その日のゴルフを左右しかねません。その重要なホールを乗り切るためには、スタート前になるべく普段どおりの状態をつくっておくことが大切なのです。

そのためには、まずスタート前にマッサージとストレッチを入念にすることです。ゴルフは長く歩くし、いろんな傾斜から打ったりするので、前後、左右、上下のバランスがとても重要なスポーツです。そのためには下半身を動ける状態にしておくことが大切です。ぜひ、イラストで紹介している方法を試してください。プロゴルファーの場合、全身のストレッチを30分前後やる人が多いようです。

実際の練習でボールを打つときも、あくまでも体を温める程度にして、スイングを直そうとしたりしないことです。その上で、練習に意味を持たせるといいでしょう。例えば、スタートホールをイメージしながら打つのです。右がダメなら右に打たない練習、打ち下ろしや狭いホールならクラブを短く持って低いボールを打つ練習をしておけば、朝イチの緊張を和らげることができるはずです。

とにかくスタート前の時間を上手に過ごしてほしいと思います。遅刻で気持ちが焦り、息が上がった状態でスタートするなど、もってのほかだと肝に銘じてください。

※1 トニー・ペナ:1908-1995。イタリア系アメリカ人。PGAツアー(米国男子ゴルフツアー)で4勝を挙げたプロゴルファーだが、名クラブデザイナーとしても名を馳せた ※2 チチ・ロドリゲス:1935年プエルトリコ生まれのプロゴルファー。60年にPGAツアーデビュー。2007年2月までの47年間でレギュラーツアー8勝、チャンピオンズツアーで22勝を挙げる。92年に世界ゴルフ殿堂入りを果たす

イラストレーション:アカハナドラゴン

江連忠(えづれ・ただし) 昭和43年、東京都生まれ。ジュニア時代から活躍。高校卒業後、アメリカに留学し、ティーチングプロの第一人者であるジム・マクリーンに師事する。平成5年、プロテスト合格。自らが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー」代表。日本におけるプロを教えるプロの第一人者で、これまで数多くのプロのコーチを歴任し、優勝に導いている。またアマチュアの指導にも力を注いでいる。

次の記事

江連忠

「リタイアしたら女房と一緒にゴルフを楽しみたい」。そう思っている人も多いのではないでしょうか。仕事関係者とばかり回っていると、リタイア後はラウンドする機会も減ってし…

前の記事

江連忠

ゴルフ雑誌で、よくテイクバックは手上げではなく「脚で上げろ」とか「腰で」とか「背中で」と書かれている記事を読んだことはありませんか? そんな記事を意識し過ぎて、どこ…

関連記事

江連忠

ゴルフは、腰が重要な鍵になるスポーツです。とりわけ、目標に向かうときは、腰とお尻の向きが重要になってきます。上手なゴルファーというのは、ターゲットを目でしっかり捉え…

江連忠

ゴルフは、風に左右されるスポーツです。シングルクラスのゴルファーでも風の向き、強さなどを正確に読むのは難しいものです。そればかりか、強い風だと体も揺れるし、ミート率…

江連忠

ダウンスイングの軌道が「スティープ」だという言葉を聞いたことがありませんか。ダウンスイングの初期では、アドレスしたときのシャフトのラインと平行に下りてくるのが理想的…